2018年01月10日

追い風は常に吹いている

3580381501_b006d20799_z


STEP1 逆風を活かす

 学校生活や仕事など上手くいかないな?と思うことは多くあります。

「出来るなら逆風ではなくて、追い風で進みたい」

誰もが思うことですね。


しかし「成功する人」はこう言います。


「順風に頼るな。追い風はお前を成長させることはない」


わたしは疑問に思いました。

「順調が良いに決まってるじゃないか!」

「成功したからそんな事を言うんだ」



そしてわたしはある質問をされました。

「お前の人生で何割を追い風、何割を逆風が望みなんだい?」


わたしは考えました。「半分半分かな・・・」


そして現状を考えます。


当時わたしは仕事がうまく行っておらず、

いつも叱られてばかりの毎日

こんなのが人生の半分なんてまっぴらだ。

そう思ったわたしは「追い風10割」と答えました。




STEP2 逆風はあなたを浮上させる

 お前は「追い風」を望むのだね。

「はい。わたしは追い風なら力を出せると思います。」


すると「成功する人」は目を細めてこう話いいました。

「追い風はな。お前の気がつかないところで常に吹いているんだよ。」

「追い風は吹いてる?」

「そうさ、お前は黙っていても1日経てば1日歳をとるだろう?」

「これはお前を前に進めるために吹いている風なのさ」


成功する人は続けて言った。

「この時間の追い風に向かってくるのが困難の逆風だ。

お前はこれに苦しんでいるのだね?」

「はい。今一番辛いです。」



「そうか。その辛さは前に進む者が感じる成長の証だ。

なぜなら風の流れから逃げてしまっては

辛ささえ感じることはできない。」



「飛行機やスキーのジャンプ競技を考えてみなさい。」



「彼らは追い風で浮力を得ているのではない。

常に逆風からの力によって自らを上に押し上げる」


「困難も同じだ。

逆風のようにお前を苦しめる困難も

実はお前を次のステージに上げる大事な風」




「ワシが風を選ぶならすべて逆風にする。

なぜなら時間という風の流れは常にあるからだ」




「今お前が苦しいのはわかる。

しかしそれはお前を次のステージへ上げるための

逆風だということを忘れてはいけないよ」


しもむらまさゆき

P.S.

成功の扉はいつも開いています。

成功者は成功の事しか考えない。

それが、当然逆風であることを知っている。

困難に立ち向かわないと成功できないことを

その困難とは、

それは自分自身だ。

自分との闘いに勝つように考える。

行動する、そして諦めない。


絵も1年書き続ければ上手くなる。

何事もやり続ければ上手くいく。

要は、信じて貫くかだ。


チャレンジしてみよう。


簡単すぎる。




posted by siimo at 18:34| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日のつぶやき


posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする