2018年01月24日

メルセデス・ベンツ、V型6気筒エンジンを廃止して直列6気筒に切り替えると発表

同社の歴史に詳しい人にとっては良いニュースであるはずだ。



一部の人にとっては考えたくないことかもしれないが、クルマ作りはビジネスだ。ラインアップを減らし、製造プロセスの合理化を図るため、メルセデス・ベンツは先週、記者を集め、今後はV型6気筒エンジンを廃止し直列6気筒に切り替えると発表した。これは同社の歴史に詳しい人にとっては良いニュースであるはずだ。なぜなら、過去に作られた最高に素晴らしいメルセデス車の多くは直列6気筒エンジンを搭載しており、そうした歴史への回帰とも言えるからだ。


「M256」型と呼ばれる新開発の直列6気筒エンジンは2016年秋に発表されたが、今ようやく生産ラインに組み込まれた。最初にこれが搭載されるモデルは新型「CLS 450」で、最高出力367psと最大トルク500Nmを発生。メルセデスAMGの「CLS 53」と「E 53」では、この3.0リッター直列6気筒ターボは最高出力435ps、最大トルク520Nmを発揮する。


メルセデスがエンジンの切り替えを行う主な理由は、直列6気筒が現在世界で最もポピュラーな構成である直列4気筒と同じ組み立てラインで製造することが可能だからだ。直列6気筒ならエンジン・ブロックの端に2気筒を加えればいいということに加え、V型6気筒の設計と製造はよりコストが掛かる。確かに、V型6気筒はV型8気筒とパーツを共有できるが、残念ながら自動車メーカーはV型8気筒エンジンを減らす傾向にある。

残る疑問は、メルセデス・ベンツのクルマが将来、この新型直列6気筒エンジンからどのようなメリットを得るのかということだ。おそらくこのエンジンは同車の大型車やSUVに搭載されることになるだろう。しかし、それより小型の「Cクラス」や「GLCクラス」は、燃費向上とダウンサイジングに向けた企業努力の結果、高出力の4気筒エンジンに移行すると思われる。いずれにせよ、顧客はもうすぐ直列6気筒のシルキーでスムーズなフィールを、メルセデスの様々な新型モデルで楽しめるようになるはずだ。


By REESE COUNTS

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2018年1月23日Autoblog日本版より転載)

以上を転載しました。(画像も含む)

しもむらまさゆき

P.S.

ベンツがV6から直6に変更した。

世界的な流れなのだろう。

やがては、電気自動車に変わっていくのか。

時代は変わりつつあるということか。

あなたも変わろう。

副業がOKの会社が増えだした。

自社ではこれ以上給料を払えませんという証だろう。

ピンチと捉えるか

チャンスと捉えるか

あなたに扉は開かれています。

http://bit.ly/2mA3iwd

選択するのはあなたです。








 


続きを読む
posted by siimo at 18:05| Comment(0) | ニュース(時事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日のつぶやき


posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする