2018年01月28日

30歳までには、経験しておこう。「人生を変えるアクション」その4

「自立心」の画像検索結果

03.
自立心をもった大人になれる

初めてワシントンで借りた場所は、
閑静な住宅街にある一階のワンルームだった。

一人暮らしは初めてだったから、
もちろんたくさんのハプニングの連続。

たとえば竜巻警報があったとき。
当時23歳だった私は、バイクのヘルメットをかぶり、
ある枕をすべて押し込んだウォークインクローゼットに
急いで隠れた(マサチューセッツには竜巻なんてなかったの)。

そういえばムカデが壁を這っていて、
殺そうとした途端逃げられたこともあったっけ。

コイツを殺せるまで、恐怖の1週間といったら...。

でも、そうやっていろんな壁を乗り越えることで、
自立心が身についたと思う。

気づいたら親に「寂しい」って毎晩電話しなくても平気になっていたし、
ちょっとイラつくことがあってもすぐに彼氏に報告しなくなった。

もし実家の近くで住むことを決めていたら、
このような自立心は身についていなかったかもしれない。

次回最終回

しもむらまさゆき

P.S.
皆さん社会人ですから、最低限のスキルですね。
他人に自分の人生を依存されていないと思いますが、
たまにいるんです。
そういう人は、自分が気づいて、治すまで
起業とか副業は無理ですね。

ちゃんとした大人のビジネスですから

そんなあなたに扉は開かれています。


選択するのはあなたです。

続きを読む
posted by siimo at 18:55| Comment(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日のつぶやき


posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする