2018年03月16日

ストーリー





結城美保16歳 。


高校2年生、彼女がいま凝っているのが、引き寄せの法則である。


強く願えば叶う。10年後素敵な男性と結婚し、幸せな家庭を築く。と高校生らしい


願いを強く、強く願っていた。




10年後彼女は、東京の広告代理店に就職していた。


大手のクライアントを多数持つ大手の広告代理店だ。そこは、完全な男社会で、彼女のしごとは、コピー取り、企画書の清書、会議の資料作りと雑用事務ばかりだった。


しかし、制作会議には、出席させてもらえた。

時には、深夜まで続いた。


時々、彼女も提案するが、すべて却下されてしまった。それに対して彼女はめげなかった。


「どうせそんなもんだろう。」自分もいると云う事をアピールしただけ。


仕事に関するモチベーションは、全然なかった。彼女の願いは、素敵な男性と結婚することだけ。




ある時、大手自動車会社から女性向けの軽自動車のCMの依頼がきた。


例によって会議が行われた。中々意見がまとまらなかった。課長が、美保に意見を求めてきた。


「女性向けの車だから、女性としての意見を聞かせてほしい。」


「はい、基本的に女性も男性も無いのですが、女性は、かわいい物に心が惹かれます。


それで、いっそ全編イラストでいったら、どうでしょう。」


と美保は、とっさに応えた。


「イラストか。悪くないな。」


結局、美保の意見が通り、イラストとリアルの女優の組み合わせできまった。


担当も美保になった。美保としては、初めての仕事だった。


俄然忙しくなった。イラストは、以前から大好きだったS女史に依頼した。大御所である。


何度も足を運んだ。その間、制作会社から大筋の絵コンテが出てきた。気にいらなかった。


やり直しを命じた。そこでも揉めた。三顧の礼を尽くして、S女史が承諾した。S女史にとっても初めてのCMだった。美保は、コンセプトを説明した。2,3チェックが入り、


すべてを任せて欲しいという要望だった。美保にとっては、有難かった。


撮影に入り、新進気鋭の女優だった。撮影は順調にすすみ、予定より早く終わった。


出来あがった映像を見て、S女史も美保も最後のセリフが気に入らなかった。


なんとなくまとまっている感じだった。ここで、議論が交わされた。いろんなフレーズが出たが、今一だった。女優の次の撮影の時間が押してきた。今日中に終わりたい。


美保は思い切ってS女史に自分の本音を言った。女史は、微笑んでOKがでた。


CMは、S女史の世界感が出て、好評だった。最後のセリフは、「結婚したい。」だった。


これが当たって、流行語にもなった。




そのころ、美保は二人の男性からほぼ同時に告白された。


一人は、スポンサーの若手社員Aで、長身で、結構いい大学も出て、会社のホープだった。


もう一人は、撮影会社のADBで、冴えない格好で体形も良くなかった。


美保は、思った。10年前の願いが叶ったのか、分からなかった。取り合えず、二股をかけた。Aは、自信たっぷりで、気遣いもさりげなく、デートをしていても楽しかった。


美保は、「こいつ随分、女性の扱いに慣れているな。結婚しても。浮気の可能性大。」


Bは、無口でなにをするにも自分で決められなかった。しかし、美保に対しての優しさは、伝わってきた。「こいつは、出世は無理だな。しかし、家庭は大切にしてくれそうだ。」


美保は、悩んだ。これは、私自身が引き寄せたんだ。私自身の心の中が、具現化したんだ。




美保は、決断した。二人には、お断りをした。


「今の自分は、過去の自分が作ったものだ。そうしたら、将来の自分の姿を決めるのは


今の自分だ。」


「どんなストーリーになるのだろう。」




(了)


Masayuki Simomura 作


posted by siimo at 23:26| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日のつぶやき






















































posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする