2018年06月03日

成功する人は、コインの裏側を見ている!その2



金儲けの上手い人のモノの見方・考え方

コインの裏側に一体何がある?

では、どうすれば気づくことが出来るのか?

見えないものを見るということは
比較できる対象を持つことを意味する。

比較対象を持たないと絶対に見えない。

簡単に言えば、
コインの表裏」と考えればいい。

コインには、必ず表と裏がある。

例えば、コインの表=表面的なもの。
表面的に物事を見て、
「うっとしい」とか
「センスがない」と思って、
捨ててしまう人が多い。

しかし、
コインの裏を見る人がいる。

裏をのぞいて見たとき、
そこから新しい「気づき」が
始まるわけだ。

上司に怒られて
「絶対に辞めてやる」と
怒っている状態は、
コインの表が見えてる状態。

でも、「管理者向けに『部下のやる気
をなくす言葉、やる気を出す言葉』
という覆面座談録をつくれば
売れるかも・・・」と
考え始めれば、コインの裏側に
気づいたことになる。

また、社長の悪口を言いながら
居酒屋でくだを巻いているのは
コインの表側。

なんとなくわかりますでしょう。

コインの裏側は、「社長になる方法」を
考え始めたとたん、コインの裏側
に気づく。

後は、現実をよりフォーカスする
ことで真実が見えてくる。

しかし、その裏側に気づいたとしても
実際に実行する人は最大5%。

これが大事なんです。

成功者は力持ちである必要はない。
コインを裏返して、そこに見えた
ものを実行すればいいだけのこと。

ただそれだけなんです。

”うっとしい”とか”怪しい”とかで
裏側を見ることを見逃しているが、
「気づき」につながることを
覚えておいてください。

神田昌典の成功ノートの一部引用

masayuki simomura




posted by siimo at 16:47| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日のつぶやき










posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする