2018年06月27日

結果を求めるために過程を重視する



「p/pcバランス」という考え方

あるところに、金の卵を産むガチョウがいた。

それを手に入れた農夫は、大金持ちになった。

やがて彼は、ガチョウは卵を1日に一つしか
産まないことに不満を持つようになった。

そして、卵をたくさん手に入れようと
ガチョウを殺して、腹を開けたら、
中は空っぽだった。

農夫は二度と金の卵を手に入れることが
出来なくなってしまった。

この話は、「p/pcバランス」を考えていない
典型的な例である。

ではpとは、
Performance(望む成果)を意味し、
つまり、望む成果や目標達成のこと。

pcとは、
Performance capability(望む成果を生み出す
能力や資源)を意味し、目標達成のための能力
やそれを可能にする資源のことである。

多くの人は、物事の結果を得ることに
急ぎ過ぎている。

だが、本当は、それを可能にする能力や資源を
育てる長い目を持つことが重要なのだ。

そのとき、常に
「何のために努力するのか」
を考えることが大切だ。

だが、結果ばかりに目を奪われると、
方法の過ちに気づかないおそれがある。

そこで、「p/pcバランス」つまり、
「p」と「pc」のバランスを常に考える
必要があるわけだ。

農夫が望む結果を得るには、ガチョウを健康に
育てることが大切だったのだ。

目標達成のために
「pcを高めるにはどうすればよいか」
を考えると、大抵の場合、もっとも健全で
合理的な方法は、結局のところ、
自分を高めるところに行き着く。

試合に勝つ、試験に合格する、営業成績を
上げる、一戸建てに住む、独立開業、
起業する等‥誰もが目標を持っている。

だが、「結果を出す。」という事実に
こだわりすぎると謝った方法に走ったり、
後で悔やまれる妥協をしたりすることもある。

常に「p/pcバランス」を意識することだ。

「七つの習慣」の一部引用

masayuki simomura







posted by siimo at 16:31| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日のつぶやき






















posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする