2018年07月07日

なぜ「社畜」は会社をやめることができないのか



「社畜」という悲しい言葉がある。

会社に飼われている家畜のようなサラリーマン、
それが「社畜」だ。

社畜という言葉は、自嘲的に用いられることもある。
「オレは所詮社畜だから」
社畜らしく頑張るよ」
社畜という言葉は、「飼い殺しサラリーマン」の
代名詞のようにも使われている。

一方で、そのような人々に向かって、
世の中には色々なチャンスが有るよ、
会社なんてやめちまえ、と言った趣旨の
発言をする人もいる。

しかし、実際にそういった発言に対しての回答は、
「そんな簡単に会社をやめられるわけないだろう」
というものがほとんどだ。

しかし、本当だろうか?

安達裕哉氏ブログ一部引用

masayuki simomura







posted by siimo at 17:27| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日のつぶやき










posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする