2018年07月20日

好きこそ(隙こそ)ものが売れるのです。



一番肝心なことは、好きであることです。

メインの仕事を持っているのですから、
せめて副業に関しては辛くなるような
嫌々やるような仕事は駄目です。

作業と楽しく趣味の延長でやれるようなことで
お金が入ってくる道を作ることが
出来たならば最高です。

趣味といえば、その趣味を同じように
求める人がいるかどうか、仮にいたら
どの程度の人口なのか考えて調べて
みるのもいいです。

釣りが好きで細かな道具を手製で
作るほどの愛好家。

ならばそれを丁寧に作って
売ればいいのです。

フライフィッシングという
西洋の毛ばり釣りがあります。

仕掛けはいたってシンプルで
針には鳥の羽をきれいに巻いて、
水面に向かい投げ込むだけです。

水面に着地した毛ばりがまるで
空を飛ぶ虫のように見え、
魚が誤って釣られてしまうというものです。

小さな大豆ぐらいの大きさしかない
その針は作らなければ釣りにならず
買えば中々の値段です。

ゆえに手製になるのですが全員が
作れるものではありません。

シーズンになると家族でやって
みようというグループが増えます。



作業と楽しく趣味の延長でやれるようなことで
お金が入ってくる道を作ることが
出来たならば最高です。

趣味といえば、その趣味を同じように
求める人がいるかどうか、仮にいたら
どの程度の人口なのか考えて調べて
みるのもいいです。

釣りが好きで細かな道具を手製で
作るほどの愛好家。

ならばそれを丁寧に作って
売ればいいのです。

フライフィッシングという
西洋の毛ばり釣りがあります。

仕掛けはいたってシンプルで
針には鳥の羽をきれいに巻いて、
水面に向かい投げ込むだけです。

水面に着地した毛ばりがまるで
空を飛ぶ虫のように見え、
魚が誤って釣られてしまうというものです。

小さな大豆ぐらいの大きさしかない
その針は作らなければ釣りにならず
買えば中々の値段です。

ゆえに手製になるのですが全員が
作れるものではありません。

シーズンになると家族でやって
みようというグループが増えます。

しかし、初心者ゆえに作れません。

彼らはそうした状況の中
高いお金を払って買うのです。

消耗品ですから買っても
買っても足りないのです。

もしリーズナブルで買えたらな大喜びです。

そうした人はネットで情報を収集しますから、
格安で販売してあげれば一発で
ファンになると思います。

この毛ばりでこれだけの魚がこんな状態で
釣れましたなる、ノウハウ付きの
紹介ページで掲載すればトップになること
請け合いです。


一番肝心なことは、好きであることです。

メインの仕事を持っているのですから、
せめて副業に関しては辛くなるような
嫌々やるような仕事は駄目です。

いわゆる、好きなことを仕事に
出来ることは幸せです。

しかし、私たち一般人は
やはり、複数の収入源を持つべきです。

masayuki simomura









続きを読む
posted by siimo at 18:27| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日のつぶやき
















posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限りなく安定した収入に近い方法でお金を稼ぐには?



安定した収入を手に入れるお金の稼ぎ方は
凄く難しいという事がここまで書いてきたこと
からは言えるでしょう。

でも限りなく安定した収入に近い
お金の稼ぎ方をする方法事態は存在します。

それは複数の収入
お金を稼げる状態になること。

大企業であるならばどこもしている事ですが、
例えどこか一つの収入がなくなったり
マイナスになったとしても複数の手段
収入を得ている状態であるなら
リカバリーする事ができます。

個人であってもそれは同じ事が言え、
複数の収入先を作ることで比較的安定した
収入でお金を稼ぐという事ができるといえます。

不労所得は幸いな事に現在進行形で
やり続けなくても良いわけですから
複数手がけるという事も出来ますし、
不労所得による収入がまだ充分ではないと
思う状態であるなら労働による収入を
稼げば良いのです。

何か一つに頼っていると、そのひとつが
なくなったときに全部失うことになるから
求めるのであり、安定した収入での
お金を稼ぐという事が難しい以上は
そうした複数の収入手に入れる
方法こそが、安定した収入でお金を稼ぐ
言う欲求を満たすことの出来る
誰もが出来る方法なのです。

我々一般人は、
やはり、複数の収入源を持つべきです。

お金が無い.jpブログ一部引用。

masayuki simomura







posted by siimo at 05:32| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする