2018年08月17日

牛若丸の下駄は何故一本歯なのか?

牛若丸と弁慶の五条大橋の出会い

お仕事の方、もう帰宅されましたか?
お苦労様。
奥様も一日家事に育児にご苦労様
皆さんご苦労様でした。

何故、牛若丸の下駄は一本歯だったのか
五条の大橋で弁慶と渡り合った牛若丸は、
一本歯の下駄を履いている。
一見すると歩きにくそうだが、
この下駄は本来は山を登る為に
発明された物で、現在でいえば
登山シューズにあたるもの。
■補足
実際に、山を登る時は
普通の二本歯の下駄よりも
すべりにくく歩きやすいようです。
なぜ牛若丸がそれを履いていたか
というと、鞍馬山で修行をしていたため。



ところで牛若丸ってご存知ですよね。
後の源義経の幼少期の名前です。
兄は鎌倉へ、弟の牛若丸は
京の鞍馬山へ幽閉されていました。

平氏の全盛期の頃です。

平氏と言えば、のちに義経に追い詰められ
壇ノ浦で全滅します。
その義経も兄に疎まれ、逃れて平泉で藤原氏
に討たれます。

平家物語の冒頭は有名ですよね。
祇園精舍の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす。
奢れる人も久しからず、・・・

これってあなたにも当てはまりませんか。
今は、十分だと思っていませんか。
今は幸せと思っていませんか
その気持ちが劣化の始まりなのです。

ではどうすればいいか。
若いサラリーマンやOLは気付き初めて
います。
このままでは、暮らしていけない。

複数の収入源を持つべきだと。

私は、お勧めします。
今の状況を抜け出すきっかけになるものを
興味のある方は
下のURLをクリックしてください。


masayuki simomura








posted by siimo at 22:40| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品を紹介して成果報酬で稼ぐサイトアフィリエイト




続いては、
みなさんが思っている
アフィリエイトで、

商品を紹介しその成約に応じて
報酬が決まるサイトアフィリエイトです。

昨日のトレンドアフィリエイト
との違いはなんと言っても、
商品を売らなければならない、
ということ。

もちろん、
こちらのサイトアフィリエイトの方が
難易度が高くなるのですが、
1件あたりの単価が高いため
稼ぐ額はこちらの方が大きくなります。

実際に弊社のサイトで
月に800万円以上を稼ぎ出しているのも、
このサイトアフィリエイトです。

サイトアフィリエイトの場合は、
商品を売らなければならないので、
サイト自体もダイエットのサイト、
筋トレのサイト、脱毛のサイトなど
ジャンルを特化させたものに
しなければなりません。

とはいえ、トレンドアフィリエイトの
ように莫大なアクセスを集める必要はなく、
ジャンルを特化させたサイトを作るため、
少ないアクセスでも
月に100万円や200万円を
稼ぐことは可能なのです。

トレンドアフィリエイトにしろ、
サイトアフィリエイトにしろ、
検索でユーザーが勝手に
アクセスして来てくれるため、
極端にいえば寝ていても
報酬が入って来ます。

こういった点は
ブログ・サイトを作って稼ぐ
大きなメリットと言えるでしょう。

小玉歩氏ブログより引用。

追伸
複数の収入源を持つべき
言っている物も
このサイトアフィリエイトに
似ているのですが、

こちらは、結果的には商品を売る
のですが、やるのはアドレスを
集めるところまで。
興味のある方は、
下のURLをクリック


masayuki simomura








posted by siimo at 20:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日のつぶやき






















































posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不確かなことへの対処方を身に付けて年収をあげる


コンフォートゾーンから
抜け出すことで、不安が襲ってきます。

コンフォートゾーンから
抜け出すことは、「不確かさ」
増した状態になるということです。

不確かなことがあるということが
わかっていると、落ち着かない気分に
なります。

人は一般に、受けるかどうか
わからない不確かな痛みよりも、
確かな痛みの方をより好みます。

最新の研究での調査結果なので
詳細はわかりません。

しかし、人は、不確かさを
確実な痛みよりも嫌うというのは
面白いことです。

不確かなことは基本的に
人は嫌いなのです。

不確かなことがあると、
ネガティブな体験対して
より強い反応をするようになります。

不確かな状態というせいで
ネガティブなイメージが先行すると、
何が起こるのかわかっているような
状態に比べて冷静さを失いやすい
という研究もあります。

「不確かな社会的、政治的、
経済的状態におかれていると、
コンフォートゾーンはかなり小さくなる」
と言われています。

恐れることが多ければ多いほど、
コンフォートゾーンが小さくなって、
コンフォートゾーンから外へ出ることが
困難になります。

親しみがあるものは居心地が良くて、
楽しむことができるので新しいものに
対して警戒するものは生物学的な
進化論的見地からみると、
当然のことです。

毎日通っている道と
通ったことのない道だと、
動物は毎日通っている道は
よく知っているし、
危険は毎日通っている自分が
生き残っていることから
その道は安全だと思うのは当然ですよね。

そういうことです。

YUKIレポートより引用。

追伸
しかし、不確かな道へ行けば、
年収が上がるかも知れません。

暗くて、先のない道が
突然、明るい場所にでることに
なるかもしれません。

確か、絶版になってしまったと
思うのですが、
「チーズはどこに消えた」という本は
おススメです。

複数の収入源を持つ
コンフォートゾーンから
簡単に抜け出せます。

興味のある方は
下のURLをクリック


masayuki simomura







posted by siimo at 08:31| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする