2018年08月26日

幻想的!北海道にある天国に一番近いカフェ『雲海テラス』

雲海テラス.jpg


眼下に広がる大海原のような雲海。

かつて雲海といえば登山者のみに
許される大自然のパノラマでしたが、
それを誰でも気軽に体験できるよう
にしたのが北の大地、
トマムにある雲海テラスです。

ここではそんな、
日本の絶景である北海道の雲海テラス
についてご紹介します。

上川管内占冠村のトマム山。
ここでは早朝5時からゴンドラが運転。


ここをクリック

まさに、雲外蒼天。

雲を抜けたら蒼い空。

歩けそうな雲の海。

季節はいつ頃だろう。

気分は爽快。

あなたのストレスも
吹っ飛ぶというもの。

満員電車で痴漢にあってませんか?

会社で、セクハラにあってませんか?

結婚したら、寿退社ですか?

再就職をするときは非正規雇用では
ないですか?

女性は、不利ですね。

同期で会社に入っても出世するのは男。

自分は、いつも書類の清書、整理、
お茶くみ、コピーとりといった雑用ばかり。

結婚までの腰掛と思われている。

上司はうるさいし、口は臭い。

ストレス溜まりぱなし。

そういう時は、
複数の収入源を持つといいんです。

最初の頃は、ちょっと高めのランチ。

そのうち、バックがヴィトンの変わり
洋服がシャネルに変わり、
有給を取って、トマムの雲海を見に行ける
ようになります。

給料を越えた時点で、会社を辞めて、
ノマドになるのもいいのでは。

旅人という職業もあるんです。

今日もモルディブでオイルマッサージ。

あの時、複数の収入源を選んでよかった。
と思います。

そうなるためには、行動。
一番最初の行動は、
上のURLをクリックしてください。



masayuki simomura









posted by siimo at 22:45| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副業をするなら圧倒的にネットビジネスがおすすめ!

インターネットビジネス2.jpg

ここをクリック
まず、大前提として
お話をしておきたいのは、
副業をするのであれば、
圧倒的にネットビジネスが
おすすめということ。

ネットビジネスというのは、
アフィリエイトや転売ビジネス、
ブロガー、YouTuberなど
インターネットを使った
ビジネスを展開するビジネスです。

なぜネットビジネスが
圧倒的におすすめなのかというと、

その理由はいたってシンプルで
下記の4要素を満たしているものが
多いから。

・在庫を抱えない
(赤字のリスクが少ない)

・利益率が高い
(手元にお金が残る)

・定期的な収入が見込める
(仕組み化して時間を作りやすい)

・小資本で始めることができる
(参入障壁が低い)

この4要素はホリエモンも掲げている
成功する起業の4カ条であり、

これらの要素を満たしているビジネスは
リスクも少なく成功する可能性が
非常に高いというわけです。

実際に、ネットビジネスの多くは
パソコン1台で取り組むことができ、
失敗しても大きな借金を背負うこともなく、
大きな額を稼ぐことができます。

さらに、インターネットを使うことで
世界中の人とコンタクトを取ることが
できるようになるため、

自分の身を粉にして働くビジネスに
比べると圧倒的にお金を稼ぎやすいのです。

小玉歩氏ブログより引用。

追伸
私のいう
複数の収入源は
正にこの発展形です。

アドレスを集めるだけでいいのです。

初心者は、リアルの教室が教えてくれます。

全国を回っているので、
そこで習うもよし、
WEBで解説して、テンプレートもあるので
それを使うもよし。

会員は全て無料。

先の見えない時代。

複数の収入源を持つ意味
考えてみてください。

とにかく
一番上のURLをクリックしてください。

masayuki simpomura










posted by siimo at 20:22| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日のつぶやき








































posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報と言うものを甘く見すぎた企業は倒産する

情報隠蔽.jpg
イメージ画像


最初に倒産する企業にありがちな
ものとしてこの情報を甘く見すぎた
結果の末路が挙げられます。

この状態を体現して見せてくれたのが
殆どの日本人が知っている企業である
東芝です。

東芝の起こした不正会計事件を
知らない人はいないでしょうが、

具体的どこに問題があったのを
隠そうとしたのかを知らない人は
いると思いますので簡単に
説明させていただきます。

7年間で2000億円の損失を
計上していたことが発覚したのですが、

その内訳で最も大きな損失を出したのが
アメリカにある子会社の
ウェスチングハウスという
原子力発電会社です。

このウェスチングハウスでの
原子力発電所の建設が思うように進まず
2012年度と2013年度の2年間で
1600億円と言う巨額の損失を
計上しており、

当然このウェスチングハウスは赤字、
しかし具体的な情報をこれまで
一切開示せず事業は安定して順調に
進んでいると説明し続けてきたそうです。

今の時代で企業以上にお金を動かして
いるのは投資家、

そして多くの投資家達にとって
一番重要な事は何よりも情報。

その為、不正会計という事をした東芝は
歴代の3社長が辞任に追い込まれ、
株価が下落したのはもちろん、
金融庁から金融商品取締法違反で
かなりの課徴料が科され、
今後の風評被害を考えると
かなりの窮地に追い込まれたという訳です。

しっかりと不正会計などせずに
情報を開示してさえいれば
これだけですんだはずなのですが、

今回はこれに加えて本来の状態を隠し、
嘘の情報を発信していたことが
更に訴訟問題へと発展しました。

その為東芝には旧経営陣に対して
企業が三億円を要求し、

1000人規模の投資家達からの
訴訟と言う追撃がきます。

東芝と言う名門企業ですらこの状態で、
中小企業と言わず大企業ですら
こんな事態になったら待っているのは
当然倒産です。

決算書の改ざんはそう難しいことでは
ありませんが、

それで正しくない情報を出す事の
リスクは決して安くはないものです。

こうした情報と言うものを最悪の
事態までを想定できていないレベルで
あれば軽んじているも同然の事で情報と
言うものを甘く見すぎた企業は
遅かれ早かれ今時社会では
倒産するという訳です。

あまりにも情報の不備や伝達ミスが
目立ったり、
クレームが多い企業隠蔽ではないかと
疑われるほど非公開の情報が
多い企業と言うのは危ない企業
なのかもしれませんので、

自分の働く会社は大丈夫なのかを
気にした方がいいかもしれません。

SHINJYOUレポートより引用。

masayuki simomura






posted by siimo at 09:20| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする