2018年09月27日

決めつけない

決めつけない.jpg

歳は関係無い。

いくつになっても可能性はある。

自分はこうだと決めつけない。

そのセルフイメージは、
「古びた固定概念」できているから。

まだ、何も始まっていないし、
遅かったということもない。

それに、このビジネスは、
才能は関係無い。

パソコンやスマホが出来なければ、
基礎から教えてくれる。

第一、経験が全てを解決する。

出来るか出来ないかではなく
あなたがやりたいかどうかで決まる。

何を目指して、
何を大切にして、
どのように生きるのか
どのような自分でいたいのかは
自分で選ぶことが出来る。

THE FINAL は、手段であって
目的ではない。

お金儲けはあくまでも手段です。

夢を追い続ければ、
人生は自分の思うようになる。

このビジネスとは、出会いだと思う

合う合わないは、その人の感性の問題。

他人がとやかく言うべき領域ではない。
http://ap-asp.com/lp/18976/772528
ここをクリックしてください。

ありがとうございました。


masayuki simomura










posted by siimo at 21:30| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賛否両論・・可能性に蓋をする怖さ

のみの話.jpg


可能性に蓋をする怖さのイメージ図

セルフイメージの話・・・、
賛否両論を頂いております。

でも、それはそれでいいと思います。

私の中の常識が、真実とは限りませんから。

常に常識を否定して、疑って
1%の中の1%の存在になることが
大切だと思います。

ただひとつ、伝えたいことは
『やる前から、不可能だと思わないこと!』

『誰に何と言われても、自分が行ける!と
思う可能性にだけはフタをしないこと』

『常に自分がドキドキして、興奮できる
可能性(目標設定)を持ち続けること!』

やってみて、ダメだったら、それはそれで、
それでいいと、思いませんか?

ダメになったとき、
考えればいいじゃないか!と思います。

失敗したって、何も変わらないんです。

何も困ったことは、起こりません。

まずは、可能性を信じてやってみることです。

1メートルのジャンプ力をもつ、小さなノミが
10cmのグラスをかぶせられると、
その後、死ぬまで10cmしか跳べない
という話を知っていますか?

ぶつかるのが怖くて、跳べなくなるのです。

可能性にフタをするということは、
それくらい怖いことなのです。

あなたの可能性を解放してください。

そして、可能性にフタをするのは、
いつでも常識と過去の経験だということ
知ってください。

伊勢隆一郎氏のブログの一部を引用。

追伸
深い話でしたね。
思わず、蛍光ペンだらけに
なるところでした。

可能性に蓋をすることの
恐ろしさがわかりましたか。

あなたは、どうですか?

今のサラリーマンを無理して続ける
つもりですか?

満員電車に揺られて、終電近くまで
残業の日々が続き、9時以降は
サービス残業で、
それでも、家のローンのため
息がくるしくなりませんか。

そんなに会社に尽くして、
戻ってくるものはあなたを満足させて
いますか?

今、複数の収入源を持つこと
私は、言ってます。

本業をしながら、報酬を得るという話です。

1塁ベースを引きずりながら、2塁まで盗塁
するようなものです。

その時に2塁に行くかどうか考えれば
いいじゃないですか。

やる人はやるし、
今のままと言う人もいます。

感性の問題です。
感性がいいとか、悪いとかではありません。
女性の好みと同じです。
(女性の場合は男性の好みです。)

THE FINAL を選ぶ、
あなたの感性に期待します。
http://ap-asp.com/lp/18976/772528
ここをクリックしてください。

ありがとうございます。

masayuki simomura







posted by siimo at 17:34| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日のつぶやき


























posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天河大弁財天社(奈良)

天河神社3.jpg

天河大弁財天社
(てんかわだいべんざいてんしゃ、
天河神社)は、
奈良県吉野郡天川村坪内にある神社である。

宗像三女神の一人、
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
主祭神とする。

芸能の神として知られ、
現在も芸能関係の参拝が多い。
元の祭神名は弁財天(サラスヴァティー)で、
神仏分離により「市杵島姫命」と
称するようになったものである。

今日でも社名に「弁財天」とついている通り、
「弁財天」としても信仰されている。
「厳島、竹生島と並ぶ
日本三大弁財天のひとつと称している。

本殿に祀られている弁財天像は通常非公開で、
毎年7月16日から17日にかけて執り行われる
例大祭においてのみ開帳され、
各種祝詞・般若心経や神楽とともに、
能楽やアーティストの演奏などが奉納される。

本殿右扉の中に安置されている
日輪弁才天像は、60年に1度にのみ
開帳とされている。
なお、2008年(平成20年)には、
時勢の悪化を憂慮し、
また本殿改築20年を記念して、
60年を経ずして
日輪弁才天の開帳が行われた。

縁がなければ、
たどり着けない聖地「天河神社」

芸能の神として知られ、
タレントの堂本剛さんも参拝。

スランプから脱出し、
優れた曲を作り出したミュージシャンも多く、
天河神社のパワーは確かなもの。

というのも天河神社は「高野」「吉野」
「熊野」といったヤマト三大霊場の中心地。
とてつもない強力なパワーを持つ特別な神社。

村で唯一の信号機がある川合停留場で降り、
さらに川に沿って30分以上もかけて歩き、
ようやく天河神社へ。

深山にある「天河神社」は、
“縁がなければ、たどり着けない場所”
と言われています。
神秘的な霊気!

「天河神社」のパワースポット
“五十鈴(いすず)”
天河神社五十鈴.jpg

「来るべき時期が来ないとたどり着けない」
「神様に呼ばれた人が行くところ」
といった言い伝えがある天河神社。

確かに独自なオーラが漂っています。

スピリチュアルな磁場が働いているように
感じる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

こちらが天河神社の拝殿。

薄暗く、神聖で厳かな雰囲気が漂います。

鈴緒の先には、天河神社の象徴となる
五十鈴(いすず)が結ばれています。

3つの魂「三魂」(みむすび)がひとつに!
生命力を高め、新たな運気を切り開く
この五十鈴は、天河神社に古くから
伝わる独自の神器。

日本神話に出てくる太陽神、
天照大神(あまてらすおおみかみ)が
岩戸に隠れた神話がありますが、
この時、芸能の女神である
天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、
ちまきの矛(神代鈴をつけた矛)を持って、
舞いを舞ったところ、岩戸が開かれ、
天地が明るく輝き始めました。

芸能の女神が鳴らした神代鈴と同じものが、
天河神社の五十鈴だと伝えられています。

とにかく、弁財天の中は、
パワースポットで一杯です。
特に有名なのが、鳥居をくぐって、すぐの
小さな赤い橋がありますが、
ここはゼロ磁場とか。

北も南もないということ。

天河神社2.jpg

また、数年前の台風で、天川村がかなりの
浸水被害にあったそうですが、
境内にもかなり高くまで水がきたそうです。

しかし、別の祠に中にあるろうそくの火は
消えなかったそうです。

交通
・近鉄吉野線下市口駅より
奈良交通バス7系統
中庵住(なかいおすみ)行きに乗車、
天河大弁財天社バス停下車すぐ
(1日3本のみ)
・または2系統洞川温泉行きに乗車、
天川川合で下車後徒歩約30分。
・国道309号を南下、
天川川合交差点を右折後約3km。
交通は、不便。

PR
http://ap-asp.com/lp/18976/772528
あなたの感性に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simomura






posted by siimo at 11:28| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FPの資格は、単なる業界ごとの「ステップアップ」に過ぎない

FP2.jpg
日本では「AFP」「CFP」
「FP技能士(3級・2級・1級)」と、
FP自体様々な資格が用意されています。

まず、「日本FP協会」が認定するFP資格は、
AFP(アフィリエイテッド
ファイナンシャル プランナー)資格と、
上級資格であるCFP(サーティファイド
ファイナンシャル プランナー)資格 2種類。

この資格を束ねる「日本FP協会」とは、
1987年に設立され、2001年に NPO法人
として登記されました。

2016年3月1日現在、
個人会員数 / 193,368名、
CFP認定者 / 20,552名、
AFP認定者 / 154,126名、
一般会員 / 18,690名 と
法人会員83社で構成されています。

この中で「ファイナンシャル・プランナー」
業として事務所を構え、
収入を得ているのはごくわずか。

例えば、FP協会理事長の 白根 壽晴 氏 は
税理士として実績を持ち、
その傍ら、会社経営上の節税、資産運用、
雇用社の退職金税制から、
一般個人の家計管理、
老後の生活設計(年金・健康保険・
介護保険)、教育資金、住宅資金、
相続、生命保険、退職金の資産運用など、
幅広く相談を受け付けています。

白根氏の会社は、FP業として相談料を
徴収して、実際にカウンセリングを行い、
また講演活動にも積極的ですから、
まさにFP業一本のエキスパート。

ですが、そのバックボーンは「税理士業」
という強みが活かされています。

つまり、FP業とはいっても、
純粋にAFP、CFP、FP技能士という
資格だけで「食べていくこと」は
できません。

なぜなら、これらの資格は
「年金制度、健康保険制度、
法人に関わる税制、個人に関わる
税制・特に相続税、雇用保険、
家計管理のための方法、金融商品、
生命保険、損害保険…」
と広い知識を身につけることで
得られるものであり、
それが単なる知識に過ぎなければ、
趣味の領域でしかないわけです。

例えば、相続税について知識がある
FPがいたとしましょう。

相続に関わる民法の規定で、
配偶者が半分、子供2人なら、
そのまた半分ずつ…といった
相続配分は誰でも勉強しますし、
相続税の計算の仕方も勉強します。
基礎控除が3,000万円、
一人当たり600万円で、
被相続人の数分(かずぶん)を掛ける…
といった方程式を知っていたとしても、
実際の相続の場面では
「修羅場」には対応できないのが
実情です。

つまり、相続とは、相続人の死後に
相談するのでは「遅すぎる」のであり、
生前に対策を打たなければならない
のであり、そのために「税金の想定額」
「被相続人たちが金銭で
もめないための対策」を立てるのが鉄則。

それには、税理士業や生命保険業、
証券業などの力が必要であり、
それらの知恵や商品を購入しなければ
ならないこととなります。

ですから、FP業の多くは「税理士」
「銀行」「証券会社」「生命保険」
「損害保険」のどれかに属しているか、
提携しているのが実態なのです。

FPの資格は、こうした個々の専門家が
「より高いレベルで」収益を上げるため、
というよりも
「より一般顧客に近づくための武器」
として、生かしている「ステップアップ」
色彩が濃いわけです。

MARIAレポートより引用。

PR
http://ap-asp.com/lp/18976/772528
あなたの感性に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simomura
















posted by siimo at 06:29| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする