2018年10月23日

お金持ちとか貧乏とかで「人間の本性」はわかるのでしょうか?(その1)

お金を持った時の人間の本性.jpeg

『お金〜人間の本性〜』

人間の本性は、お金がなくて困った時こそ、
わかると思いがちですが、大きな誤りです。

人間の本性は、お金を手にした時に
わかってしまうものなのです。

あれば嬉しい、ないと悲しいお金の話。

お金で喜怒哀楽は激しく揺れ動きます。

お金がなくて困った時に、
お金がないのになけなしの
お金を使って助けてくれた人には
心から感謝します。

いつか必ず恩返しをしようと
決意するでしょう。

でも、その人が大金を手にした時、
人が変わってしまうことがあるのです。

残念だけれど、本当の、お金のお話しです。

1.お金がなくて困った時に
助けてくれた人に感謝

お金がない。
借金もできない。

もうどうしようも立ち行かない時に
助けてくれた人は大恩人です。

一生、感謝します。

それは当然ですが。

意外とこんな場合に
お金を貸してくれるのは
決してお金持ちではありません。

お金持ちがお金を貸してくれる時は、
なんらかの約束が交わされます。
借用書はもちろん、期限付き、
保証人付き、利息がつくなど、
必ず返さなければならないのです。

借りたお金は返すのが当たり前ですが、
できない約束はできませんから、
約束が厳しいお金持ちの人からは
借りられないことがあります。

貸してくれた大事な人が、
たまたま大金を手にした時、
人相が変わってしまうことがあります、
人相が悪くなってしまうことがあります。

とても悲しいですが、
分不相応のお金を得た時、
人は本当に変わってしまうことが
あるのです。
(続く)
WORLSHIFTレポートより引用。

追伸
お金の魔力ですね。

お金持ちではない人が宝くじが
当たって、破産したという話は
聞きますからね。

お金持ちはお金の本当の使い道を
知っていますが、そうでない人は、
お金になれていないため、
本能のままに使ってしまうのでしょう。

ですから、お金は、自分で稼ぐもの
なのです。

それで、今の生活に不満はありますか?
それは、どうしたら解決出来ますか?

金銭問題は、シビアです。

万が一でもサラ金に借りたら、
利息を返すだけで大変です。
サラ金からサラ金へと
自転車操業になります。

これって、意外と多いのではないですか?
クレジットカードで買い物や外食を
してませんか。
借金しているのと同じなんです。

そのあたりのお金の使い方を
一度検証したほうがいいと思います。

ダブルインカム。

収入がないなら、増やせばいいだけ。
奥さんがパートに働くことも
あるかもしれません

しかし、
複数の収入源を持つことも
一つの方法です。

私は、THE FINAL を勧めます。

ビジネスとしては簡単です。

投資も出来ますが、リスクは
最小限になるように指導、対策を
してくれています。

仮想通貨とバイナリーオプションです。
最近、バイナリーオプションの
ツールが出ましたが、会員は無料です。

実際にあなたがその目で確かめて
ください。

あなた自身のことですから、
URLをクリックして登録して
あなたが、確認して
ゆっくりでも構いませんから
判断してください。

お金は手段です。
目的ではありません。

どんな手段を選ぶかも大切な
部分です。

あなたの未来に期待します。

ありがとうございます。

masayuki simomura

















posted by siimo at 22:28| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗像大社(福岡県)

宗像大社1.jpg

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、
福岡県宗像市にある神社。

式内社(名神大社)で、
旧社格は官幣大社で現在は別表神社。
日本各地に七千余ある宗像神社、
厳島神社、および宗像三女神を
祀る神社の総本社である。

また、あらゆる道の神としての最高神、
貴(むち)の称号を
伊勢神宮(おおひるめのむち)、
出雲大社(おおなむち)に並び持ち、
道主貴(みちぬしのむち)と称す。

神宝として古代祭祀の国宝を多数有し、
裏伊勢とも称される。

2017年(平成29年)、
「神宿る島」宗像・沖ノ島
関連遺産群の構成資産の一つとして、
世界文化遺産に登録された。

宗像大社は、
沖ノ島の沖津宮、
筑前大島の中津宮、
宗像市田島の辺津宮(へつみや)総社の
三社の総称であるが、
現在では「辺津宮」のみを
指す場合も多いが、
辺津宮を指し田島様とも呼ぶ住民も多い。

筑前大島には
沖津宮遥拝所(瀛津宮)もある。

地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、
さらに49km離れた沖津宮を線で結ぶと、
その直線は145km離れた朝鮮半島釜山の
方向に向かう。

古代から大陸と半島の政治、経済、
文化の海上路であった。

古くから海上・交通安全の神としての
神威にちなみ、信仰されているが、
現在では海上に限らず、
道主貴の名のもとにあらゆる
道、陸上・交通安全の神として
信仰を集めている。

宗像大社 辺津宮.jpg
辺津宮社殿

中世の辺津宮境内には、
第一宮、第二宮、第三宮という
三つの主要なお宮がありました。
現在の辺津宮の本殿・拝殿は、
もともと第一宮の社殿でした。

その本殿・拝殿の背後に
位置しているのが
現在の第二宮、第三宮です。

第二宮に沖津宮の田心姫神、
第三宮に中津宮の湍津姫神が
祀られています。

現在の第二宮、第三宮社殿は、
第60回式年遷宮(昭和48年)に際して、
伊勢神宮の別宮の古殿舎が
下賜されたものです。

本殿・拝殿だけでなく、
第二宮、第三宮にも参拝することで、
宗像三女神の三柱に
お参りしたことになります。

宗像大社 沖ノ島.jpg
沖ノ島

沖ノ島
沖ノ島(おきのしま)は、
福岡県宗像市に属する、
九州本土から約60キロメートル離れた
玄界灘の真っ只中に浮かぶ
周囲4キロメートルの孤島。

宗像大社の神領(御神体島)で、
沖津宮(おきつぐう)が鎮座する。

宗像大社 沖津宮.jpg
沖津宮社殿

「神の島」と呼ばれ、
島全体が宗像大社沖津宮の御神体で、
今でも女人禁制の伝統を守っている。

また、男性でも一般人は
毎年5月27日の現地大祭以外は
上陸を基本的に認められず(後述)、
その数も200人程度に制限されてきた。

世界遺産登録に際して、
島への接近・上陸対策の強化を
ユネスコから要請されたため、
2018年からは研究者らを除く
一般人の上陸は全面禁止とすることを
宗像大社が2017年7月に決定した。

宗像大社 筑前大島.jpg
筑前大島

筑前大島
大島(おおしま)は、
響灘と玄界灘の境界部に面する
福岡県宗像市の島(有人島)である。

筑前大島ともいい、
宗像七浦の一つで、
世界遺産の宗像大社中津宮
沖津宮遙拝所がある。

宗像大社 中津宮社殿.jpg
中津宮社殿

キャッチフレーズは「神守る島」

長くなりましたので、簡単に
沖ノ島へは、行くことが出来ません。

宗像大社(辺津宮)と筑前大島
行けますので、
時間と経済が許す限り、ここは
日本人なら、参拝するべきところです。

自由な時間と経済的余裕と精神的余裕
の3つが揃って、幸せな人生が送れると
思います。

豊かかどうかは、人それぞれですが、
幸せな人生は、そうそうありません。

私は、THE FINAL をお勧めします。

THE FINAL をチョイスすることで
あなたの未来が大きく変わると
思います。

是非とも、ご自身で検証をなさって
ください。

URLをクリックして登録して
中身を検討して、判断をお願いします。

これは、強制ではありません。

また、入会後に強制的にお金を取られる
様なことは、一切ございません。

安心してください。

あなたの未来に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simomura




















posted by siimo at 19:16| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日のつぶやき




















posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分にとって重要なことに「集中」するための5つのポイント(その2)

マルチタスク.jpg

「集中」のための施策1‐
「マルチタスク」をしない

「マルチタスク」とは、
2つ以上の作業を同時並行で
行うことです。

特に仕事においては「マルチタスク」は
重要だと思われていることが多いです。

しかしこれは一般的な「集中力」
持続させるためのテクニックにおいても、
避けるべきであるとされる概念です。

人間はマルチタスクを
続けられるようにできては
いないのです。

なぜならば、人間の集中力には
「限界」があり、たとえ才能に
満ち溢れた人が努力を重ねたとしても、
集中力を維持したまま作業を
永続することは不可能なのです。

逆にマルチタスクを重ねることで
重要な部分に集中できなくなり、
結果として全体のパフォーマンスは
著しく減退します。

これは仕事だけに
当て嵌まることではありません。

ビジネス全体はもちろんのこと、
生活全般にいえることなのです。
たとえばあるベストセラー作家が、
約5000人の起業家や
ビジネスオーナーに
ある質問をしたことがあります。

それは
「今、あなたにとって最も
大きな問題や課題は何か?」
というものでした。

その答えを上から順番に並べてみると、
「お金」「時間」「バランス」を筆頭に、
「対人関係」や「自信」などという
結果になったそうです。

これらが5000人の起業家に
共通する課題だったのです。

これはビジネスを回す人だけでなく、
一般の人にも当て嵌まることです。

そして大多数の人がトップ3の
「お金」「時間」「バランス」の
どれかを挙げていたといいます。

つまり多くの起業家が金銭的な問題、
時間の問題、そして仕事と
プライベートの「バランス」の
問題を抱えていたのです。

特に「時間」のプレッシャーは
圧倒的だったそうですが、
実はこれらの問題は、
ある一つの問題に集約されます。

即ち「マルチタスクの罠」
嵌っているということです。

なぜならば、常に時間に
追われているということは
「余計な」作業や仕事
同時並行で行わざるを
得なくなっているということですし、
それによって仕事とプライベートの
「バランス」が崩れているのです。

さらにその結果、
思うように収入を得られずに
「お金」の問題を抱えて
しまうようになるわけです。

すべては繋がっているのです。

当然、これはビジネスを
生活の中心にしている人に顕著であり、
成功した起業家の実に55%以上が、
生活の様々な要因によって
「集中力」の欠如を感じていると
証言しており、思うような結果を
得られていません。

その原因こそが、仕事だけでなく、
あらゆる生活の分野で
「マルチタスク」を抱えて
しまっていることにあるのです。

この状態から抜け出すためには、
やることが複数ある場合は
最優先のものをはっきりさせる
必要があります。

そのうえで、一つひとつを
集中力を維持しながら正確に
こなしていく以外にはありません。

これは以下で述べることの
基礎となる考え方でもありますし、
「マルチタスク」をやめるということは、
言い換えれば「余計なことはしない」
ということでもあります。

自分にとってさほど重要で
ないことを抱え込んで
しまっている人が多くいます。

自らに必要のない「義務」を
課してしまっているために、
人生をマルチタスク化して
しまっているのです。

この「罠」にはまらないことが
「大前提」といえます。
(続く)
MARIAレポートより引用。

追伸
仕事をやっている中で
複数の仕事をあなたは
抱えていると思います。

当然、あなたは、仕事の優先順位を
つけて仕事をしていると思いますが
それでも、時々、緊急な仕事が
入ってくる場合があります。

例えば、
緊急だが、重要でない仕事
緊急ではないが、重要な仕事
緊急で、重要な仕事
緊急でもなく、重要でもない仕事
さて、あなたはどの仕事を
優先させますか。

マルチタスクな仕事をしないため
にも仕事に優先順位をつけるべき
だと思いますし、私もそうやって
仕事をしてきました。

答えは、
当然、緊急で、重要な仕事ですね。
重要なのは、2番目です。

どれでしょうか。

私は、これからの時代を考えると
あなたは、大変な渦に巻き込まれて
しまう事になると思います。

確実に日本の経済は下降していきます。
不確実な時代に入るのです。

あなたは、あなた自身であなたを
守るしか方法は、ないのです。

ですから複数の収入源を持つこと。
を勧めています。

正に、マルチタスクなのです。
複数の収入を得ることで
あなたの生活を守ることが出来る
のですが、同時にやれとは言って
ません。

仕事の時は、仕事に集中し、
休日や、隙間時間でビジネスを
やるということです。

当然、ビジネスの種類も
限られてきます。

私は、THE FINAL をお勧めします。

正に、ピッタリなビジネスです。

あなたが、実際に検証してください。

なぜなら、あなた自身のことですから
このURLをクリックして登録して
中身をじっくり検討して判断して
ください。

誰でもできる内容です。


あなたがあなたの人生に
大きく舵を切るべきポイントです。

あなたの将来に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simmomura



















posted by siimo at 08:22| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする