2018年11月11日

臼杵磨崖仏(大分県)

臼杵摩崖仏 大日如来像(古園石仏群).jpg
大日如来像(古園石仏群)

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、
大分県臼杵市にある磨崖仏である。

一般には臼杵石仏(うすきせきぶつ)
の名で知られている。

1952年(昭和27年)に
国の特別史跡に指定され、
1995年(平成7年)には、
磨崖仏として日本初、彫刻として
九州初の国宝に指定された。

磨崖仏は4か所に分かれて所在し、
それぞれ古園石仏群、
山王山石仏群、
ホキ石仏第一群(堂ヶ迫石仏とも)、
ホキ石仏第二群と称される。

いずれも溶結凝灰岩の岩壁に高肉彫とし、
像表面には彩色を施している。

磨崖仏の造立年代を示す史料は皆無であるが、
作風から大部分の像は平安時代後期の作、
ホキ石仏第一群の向かって右側の
第三龕・第四龕は鎌倉時代
追刻されたものと推定されている。

古園石仏群
臼杵摩崖仏 古園石仏群.jpg
古園石仏群は全13躯で、
金剛界大日如来坐像を中心に、
その左右にそれぞれ如来像2躯、菩薩像2躯、
明王像1躯、天部像1躯を配する。

尊像構成の意図には諸説あり、
金剛界曼荼羅を表したものとする説もある。

山王山石仏群
臼杵摩崖仏 山王山石仏群.jpg
山王山石仏群は全3躯で、
丈六の如来坐像を中心に、
その左右に小さめの如来坐像1躯ずつを
配する。

ホキ石仏第一群
臼杵摩崖仏 ホキ石仏第一群第二龕.jpg
第二龕

ホキ石仏第一群(堂ヶ迫石仏)は、
4つの龕に分かれる
(向かって左より第一・二・三・四龕)。

第一龕と第二龕はともに如来坐像3躯を配し、
第一龕はさらに脇侍菩薩立像2躯を配す。

第三龕は金剛界大日如来坐像を中心に、
その左右に1躯ずつの如来坐像、
さらに左右に1躯ずつの菩薩立像を配す。

第四龕は左脚を踏み下げて坐す
地蔵菩薩像を中心に、
その左右に十王像を配する。

以上のうち、第三・四龕は
鎌倉時代の追刻とみられる。

他に、第一・二龕間に愛染明王坐像がある。

ホキ石仏第二群
臼杵摩崖仏 ホキ石仏第二群第一龕.jpg
第一龕

ホキ石仏第二群は、
向かって左の第一龕と右の第二龕からなる。

第一龕は定印の阿弥陀如来坐像を中心に、
左右に脇侍菩薩立像を配す。

中尊像については弥勒仏像とする説もある。
これらの向かって左にほとんど
原形をとどめない菩薩形立像2躯がある。

第二龕は九体阿弥陀如来像を中心とする。

中央に阿弥陀如来坐像、
その左右に4躯ずつの阿弥陀如来立像を配す。

これらの左右に1躯ずつの
菩薩立像を配するが、向かって左の
菩薩像は原形をとどめていない。

Wikipedia 引用。

追伸
臼杵の摩崖仏は、以前から興味が
ありまして、国東半島と間違えまして
先に国東半島を紹介しました。

好きな場所は、あまり
紹介したくないのですが、
それも我がままなので今回紹介します。

画像には、なかったのですが、
摩崖仏が崩れて、頭だけが残っている
画像があります。

第一印象でそれが強く残り臼杵という街に
興味を持ちましたし、大分という土地にも
興味を持ちました。

大分は独特の文化があり、おそらく古代から
独立した文明があったのではないかと
想像してしまいます。

旅をするときは一番に行きたいところです。

旅をするということは、
時間を拘束されるわけで、普段働いて
いる方には、中々行けず、観光地を
上辺だけ観て回るという程度だと思います

しかし、旅は、電車に乗った時から旅で、
車窓から流れる風景を見ながら、
色々、思いにふけることもいいものだと
思っています。

ウトウトしたり、
本を読んだり、食事をしたり、
ガイドブックを見たりしながら、
時間を過ごしています。

その時間が、人生にとってとても
大事な時間だと思っています。

時間は戻りませんし、人は必ず死にます。

働いて、働いて、働いて、身体を壊して
終える人もいます。

働いても生活が楽にならず、奥さんまでが
働き始めて、やっと何とか食べて行ける
人達も見えます。

副業のススメを言っているのは、
そんな、あなたの生活が少しでも楽に
なってもらいたい。

THE FINALをすることで、少しでも
将来の不安を無くしてもらいたいと
思い、紹介し続けています。

理解いただける方もいただけない方も
見えることは分かっています。

でも、正直に勧めていきたいと
思っています。
URLをクリックして登録してください。
https://bit.ly/2zSYuK2

あなたがいつか成功することを
期待しています。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura























posted by siimo at 19:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日のつぶやき


















posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金を稼げる心理学とは?インターネットビジネスに応用する方法(最終話)

心理学 バンドワゴン効果.jpeg

プロではないまでも、ないよりも
マシなレベルになれる心理学

インターネットビジネスで心理学を
他にも活かせる方法として人の悩み解決の力に
使うという方法もあります。

例えばネットカウンセラーと呼ばれる人も
いらっしゃいますし、人生相談を
請け負ってみたり、
ただ愚痴を聞くというだけの事で
報酬を貰っている人もいます。

勿論こうしたことでお金を稼ぐ人たち
すべてが心理学を学んでいる訳では
ありませんし、寧ろちゃんとした心理学に
基づいてそうした活動をしていると
言う人は少数派でしょう。

心理学と言うのは何度も言っているように
「人がなんとなくとしか思っていないものに
理由をつける学問」です。

その為これを修めておくと当然全く何の知識の
ない人よりも人の悩みと言うものについて
考察する力が付いて人の力になれることが
出来るようになります。

勿論生兵法は怪我の元と
言う言葉もあるように、
中途半端に心理学を学んでいて
自分のものとして使えないようでは
寧ろ失敗する要因にもなりかねませんが、

コーチングと言う分野であったり
カウンセリングと言う分野を学んだ人で
それを自分のものとした人であるのであれば、
ちょっと人の話を聞くのが好きと言う人よりも
どちらも良い結果を出せる訳です。

人の悩みを解決するための方法と言うのは
いくつもあって、解決方法の数を知っていれば
いるほど解決することが可能になります。

ただ話を聞いていれば良いという事もあれば、
相手の意識を徐々に変えることも必要で
ある事もあり、時には的確なアドバイス
知識を教える必要がある事もあるでしょう。

それをするためにはやはり心理学を
学び自分のものにしていると言うのは
大きなアドバンテージです。

またそうした仕事をする側にとって、
人の悩みに触れるというのはかなり
過剰なストレスにさらされることである事も
心理学が生きるポイント。

そんな事は全く苦にならないと言う人で
あっても実際のところ無意識かでは
ストレスが溜まり、体を壊す人もいれば、
自律神経系統への問題から調子が
優れない日が増えてしまったり、
集中力の持続時間への影響や、
自分自身の人に与える
雰囲気の変化を起こすもの。

そうした事がどうして起こり、
そうしたことに対処するための方法と
言うのも心理学では学べますので、

何も知らない人よりは相談される側も
ダメージを少なくできるといえるでしょう。

イマイチお金に繋がらない学問である
心理学ですが、こうした形で
インターネットビジネスの普及で
充分お金を得ることの出来る力と
なってきたといえます。
(終わり)

SHINJYOUレポートを引用。

追伸
人の悩みや愚痴を聞く機会が
多いとおもいますが、
心理学を学んでいると
それが、ビジネスチャンスに
なることが分かってきました。

何が切っ掛けでビジネスの糸口に
なるのか分からないということです。

そう考えると、至る所でチャンスは
転がっている事になります。

あなたが、副業を考えているならば、
アンテナを張って、今はなにが必要と
されているか、絶えずリサーチを
している事が大切なのかもしれません。

THE FINALが1万人に届くかという
大きなコミュニティになったのには
何か理由があります。

サラリーマンや個人事業主の将来に
対する危機感がそうさせるのか。

家庭の主婦が子供の教育資金の為に
そうさせるのか。

東京では、毎日開いているサテライトで
お互いにコミュニティを取りながら、
仲良くなって、友達を作ることが目的
なのか。

個人個人には、それぞれの深い理由が
あると思います。

その上のTHE FINALがあって、
お金を稼ぐことを手段として、
自分のやりたい事には、いくら
必要なのかを目的とした集団であること
には間違いがなさそうです。

あなた自身の悩みは、お金で解決できる
ことも多いはずです。

無理なく、副業として成立する
このTHE FINALに参加することも
検討されてはいかがですか。

URLをクリックして登録してください。
https://bit.ly/2zSYuK2

あなたの幸運を祈っています。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura















posted by siimo at 09:08| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする