2018年12月10日

パイレーツ・オブ・カリビアンのロケ地になったハワイの絶景ビーチ

ハロナビーチコーブ.jpg

Aloha!

あの国際的人気映画、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
ハワイで撮影されたことは知っていますか?

ハワイの複数の島の各地で
ロケされているのですが、
オアフ島にもロケ地になった場所があります。

それは、「ハロナビーチコーブ」。

オアフ島の西側、ハワイカイの側に位置し、
ワイキキからも車で行きやすく
ロコに人気のビーチです。

ハロナビーチコーブは、
高台のパーキングに車を止め、
崖を下って行くとビーチに着きます。

ハワイによくある、白いさらさらな
砂浜が広がっているビーチとは異なり、
ゴツゴツした茶色い岩が辺りを囲み、
まさに海賊船が似合う入り江と
いうような雰囲気。

ビーチには洞窟もあります。

入り口は明るいですが、
奥へ足を進めて行けば
暗くなっていきワクワク。

洞窟があると、パイレーツオブカリビアンの
世界観が増しますね。

洞窟があるビーチはハワイになかなかないので、
子ども達も大喜び。

子連れのファミリーも多くいました。

KANA
トラベルフォトライター/エディター

Siimo

KANAさんは、一か国に一か月暮らす
旅するトラベルフォトライターです。

自由人ですね。

ノマドですか。

こういう記事を書いて、
収入を得ているのか、
複数の収入の流れを持って
いるのかもしれません。

A子は、今頃どこにいるのか。

オーストラリアにいるか。

そろそろNYに入っているかも
しれませんね。

寄り道して、
メキシコとかキューバなどに
行っているかも。

自由人ですからね。

そうそう
彼女の伝言

自由人のなり方

あーー自由っていいなぁ

こっちへおいでよ。

バイバイキーン



posted by siimo at 22:14| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアンのロケ地になったハワイの絶景ビーチ

ハロナビーチコーブ.jpg

Aloha!

あの国際的人気映画、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
ハワイで撮影されたことは知っていますか?

ハワイの複数の島の各地で
ロケされているのですが、
オアフ島にもロケ地になった場所があります。

それは、「ハロナビーチコーブ」。

オアフ島の西側、ハワイカイの側に位置し、
ワイキキからも車で行きやすく
ロコに人気のビーチです。

ハロナビーチコーブは、
高台のパーキングに車を止め、
崖を下って行くとビーチに着きます。

ハワイによくある、白いさらさらな
砂浜が広がっているビーチとは異なり、
ゴツゴツした茶色い岩が辺りを囲み、
まさに海賊船が似合う入り江と
いうような雰囲気。

ビーチには洞窟もあります。

入り口は明るいですが、
奥へ足を進めて行けば
暗くなっていきワクワク。

洞窟があると、パイレーツオブカリビアンの
世界観が増しますね。

洞窟があるビーチはハワイになかなかないので、
子ども達も大喜び。

子連れのファミリーも多くいました。

KANA
トラベルフォトライター/エディター

Siimo

KANAさんは、一か国に一か月暮らす
旅するトラベルフォトライターです。

自由人ですね。

ノマドですか。

こういう記事を書いて、
収入を得ているのか、
複数の収入の流れを持って
いるのかもしれません。

A子は、今頃どこにいるのか。

オーストラリアにいるか。

そろそろNYに入っているかも
しれませんね。

寄り道して、
メキシコとかキューバなどに
行っているかも。

自由人ですからね。

そうそう
彼女の伝言

自由人のなり方

あーー自由っていいなぁ

こっちへおいでよ。

バイバイキーン



posted by siimo at 22:14| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金持ちになる前に稼がせてくれることに感謝せよ(その6)

ヘルプ.jpg

ヘルプ

最後は助けです。

お金儲けが出来ない理由は、
すべて自分だけの力で
やってしまうから
という部分が多々あります。

最後は自分であっても
助けて貰うことは必要です

また助けた人へも感謝と
分け前をちゃんと上げられる人で
あればその人の人望は引き上げられます。

その周りの人が多く集まるのは
かの松下幸之助氏を見れば
わかるとおりです。

自分のアイデアが周りの人の
アイデアにもなり連鎖する。

それがやがて大きな力と
なるといういい例です。

いい企画でも行動を起すにしても
必ず手伝ってもらうことを
しなければ大金は手に入りません。

逆に手に入ることが出来ても
宝くじで大金をてにするように、
人にうらやましがられるか
ねたまれるだけのものにしかならず、
協力者は二度と現れないことに
なってしまうでしょう。
(続く)
次回はまとめ
MARIAレポートより引用。
追伸
情は人の為ならず。とか
因果応報とか。

逆の立場ですが、
良いプランをしようとしている
人を手助けしてあげることも大事です。

情は、やがて、自分に返ってきます。

因果も必ず自分に返ってきます。

人の手助けをしなければ、
自分の時にだれも助けてもらえません。

人は一人では生きていけないのです。

人一人の力は知れています。

しかし、チームを作れば、
何倍もの大きなレバレッジが聞いて
成功も大きなものになると思います。

助けましょう。

助けられましょう。

コミュニケーションが深まり、
強い団結力が着き、そんな会社は
強固な会社で、嵐がきても耐えうるでしょう。



話は、本題に戻しますが、
あなたは、生きていくために
複数の収入の流れを作るべきだと考えます。

12月11日に主催者の佐藤みきひろ氏の
WEBセミナーが開催されます。

大変今は、タイミングがいいです。

セミナーが終わっても
私は、THE FINALをお勧めし続けますが、
あなたが、より本質を理解できるのは、
このセミナーだけです。

他に外に向かって発信をしていません。
コミュニティ内では、毎週セミナーが
開催されていますが、一般向けは
これだけです。

この貴重なチャンスを見逃さないでください。

大きな機会損失です。

視聴されて、そして判断をしてください。

無料ですが、登録制です。

URLをクリックして登録してください。

あなたが、気づかれることを
願っています。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura













posted by siimo at 18:03| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日のつぶやき




















posted by siimo at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人口減少社会」とは?(その2)

少子高齢化社会.png

人口減少社会の原因

人口減少社会の原因は、「少子化」です。

日本の人口が戦後の高度成長を境に、
順調に増加してきました。

しかし1973年をピーク
(出生数約209万人、合計特殊出生率 2.14)
として、第一次オイルショック後の
1975年には、出生率がついに2を下回り、
出生数は200万人を割り込んだのです。

それ以降、人口置換水準を回復せず、
少子化状態となりました。

その後さらに出生率減少傾向が進み、
1987年には一年間の出生数が
「丙午(ひのえうま)のため
出産抑制が生じた1966年(約138万人)
の出生数を初めて割り込み、
出生数は約135万人でした。

1989年の人口動態統計では
合計特殊出生率が1.57となり、
1966年の1.58をも下回ったため
「1.57ショック」として
社会的関心を集めました。

同年、民間調査機関の未来予測研究所は
「出生数異常低下の影響と対策」
と題する研究報告で、
2000年の出生数が110万人台に
半減すると予想し、日本経済が
破局的事態に陥ると警告しました。

その一方で、厚生省(現・厚生労働省)の
将来人口推計は出生率が回復するという
予測を出し続けました。

1992年度の国民生活白書で初めて
「少子化」という言葉が使われ、
一般に広まりました。

さらに、1995年に生産年齢人口
(15〜64歳)が最高値(8,717万人)、
1998年に労働力人口が
最高値(6,793万人)を迎え、
1999年以降、減少過程に入りました。

その後も出生率の減少傾向は続き、
2005年には、出生数が約106万人、
合計特殊出生率は1.26と、
1947年以降の統計史上過去最低となり、
総人口の減少も始まりました。

2005年には同年の労働力人口は6,650万人
(ピークは1998年の6,793万人)でしたが、
少子化が続いた場合、2030年には
2006年と比較して1,070万人の労働力が
減少すると予想されています。

その後、若干の回復傾向を示し、
2010年には出生数が約107万人、
合計特殊出生率が1.39となりました。
なお、2011年の概数値は、
出生数が約105万人、
合計特殊出生率が1.39でした。

しかし、15歳から49歳までの
女性の数が減少しており、
そのため、合計特殊出生率が
上昇しても出生数はあまり増加せず、
2005年に出生数が110万人を切って以降、
出生数は110万人を切り続けています。

もう一つの原因は、「高齢化」です。

高齢化社会は、総人口に占める
おおむね65歳以上の老年人口(高齢者)が
増大した社会のことを言います。

人類社会は、一定の環境が継続すれば、
ある一定の面積に生存している人口を
養っていく能力に限界が訪れます。

そして、人口を養う能力の限界に達し、
ある程度の時間が経過すれば、
必ず高齢化が顕在化してくるのです。

高度に社会福祉制度が
発達した国家にあっては、
その負担に応じるため労働人口が
子孫繁栄よりも、現実にある高齢化対策に
追われるため、少子化が進行して、
さらなる高齢化を助長していく場合が
多いと言われています。

高齢化と少子化とは必ずしも
同時並行的に進むとは限りませんが、
年金・医療・福祉など財政面では
両者が同時進行すると様々な
問題が生じるため、少子高齢化と
一括りにすることが多いのです。
(続く)
MARIAレポートより引用。
追伸
頭の痛い問題ですね。

政府が、今回、無理やり通した
入管法の改正
今からやらないと間に合わない
からでしょうね。

ザル法ですが、走りながら省令等で
改正していくつもりなのでしょう。

女性の社会進出とともに晩婚化、
未婚者が増加して、子供がいない
家族も増えたことが原因ですが、
女性が悪いわけではなくて、
女性が安心して、結婚して
子供を産んでも、社会復帰できるような
システムが作れ無かったことに
問題があると思います。

男性の育児休暇も当然のように
取れる社会でないと
根本的に解決はできないと
思います。

働ける高齢者も沢山いますし、
60代前半なら、パソコンも打てます。

事実、私は61になりますが、
パソコンは平気です。

逆にスマホが駄目ですね。

ですから、携帯とモバイルの2台持ってます。

スマホの入力が駄目なんです。

モバイルは、入力が、キーボードですから
できるのと、画面が大きいからいいですね。

私は勿論、あなたも直面する問題です。

働きたくても働き場所、ニーズが無いのです。

高齢者・男性=交通整理員しかない。

地方では、これが現状です。

私は、精神的原因で早期退職でしたから、
まともな求人は無く、
いろんな肉体労働をしてきました。

1級建築士の資格なんて、
実際には何の役にも立たないですね。

いろんなことをして
やっとTHE FINALにたどりつきました。

チャンスが平等なのです。

入会金が約10万。

それ以外は、いりません。

サポート体制が半端ない。

これを逃したら、
一生インターネットビジネスは
やりません。

これが、実感ですね。

あなたにも直面している事実から
逃げずに、逆に収入を増やすこと
若いうちから考えておくべきです。

私が30代ならすぐやりますね。

そして40代で自己実現を目指します。

12月11日に主催者の佐藤みきひろ氏の
WEBセミナーが開催されます。

会社説明会みたいなものですよね。
副業の。

将来を考えたら、やるべきだと思います。

60からでは、遅すぎるくらいです。

私には、後がありません。

あなたとあなたの家族には
輝く未来があります。

あなたのお子さんの時には
THE FINALが無いのですから。
(人数制限のため、もうすぐ締め切る。)

選択は、あなたしかないのです。

URLをクリックして登録してください。

あなたの決断次第です。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura




















posted by siimo at 07:12| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする