2015年01月09日

「太りにくいからだ」を作るダイエット

こんにちは

Siimo です。

ダイエットをされている方も多いと思いますが、

そもそも、太りにくい身体を作ることの方が

優先順位としては、1番のような気がしますが。。。

ダイエット女子.jpg

流行はいいのでほんとのこと教えてっ!

■過酷なダイエットはNG! まずは体質改善を!

最近さまざまなダイエットを耳にします。

中にはとても過酷な内容のものもあり、
どれを取り入れたらいいのかわからない
という方も多いでしょう。

「痩せる」にはまず太りにくい体を
作り上げていくことが大切です。

いきなり無理なダイエットをすると体調を崩したり、
あとからリバウンドをしてしまい逆に
体重が増えてしまったという結果を
招きやすくなります。時間はかかりますが、
体質を変えることで減らした体重を
維持しやすくなります。


■どんなことに気をつければいいの?

まずひとつめのポイントは朝食です。

朝食を抜いてしまうと体は前日の夜から
飢餓状態なので次に食べる食事でなるべく
エネルギーを蓄えようと働き、
脂肪のつきやすい体になってしまいます。

ポイントは糖分を適度に取ること。

糖分は体の重要なエネルギー源、
車でいえばガソリンです。

朝早く起きてしっかりごはんやパンなどの糖質を
取ることで脳への活力となり一日のスタートとなります。

多忙で食べる時間がないときは
野菜ジュースやスムージーなどでもよいので
糖分を取るよう心がけましょう。

野菜ジュースには繊維質も多いので
空腹を和らげてくれる働きもあります。

次にたんぱく質の取り方です。

筋肉を作る栄養素はたんぱく質。

良質なたんぱく質を食べることで
体内の筋肉量を増やし、太りにくい体を作ります。

肉・魚・卵・豆製品などたんぱく質の豊富な
食材はたくさんありますが、
肉を食べるときには赤身の脂肪の少ない部位を
選ぶことをおすすめします。

低カロリーで高タンパク、赤身の肉には鉄分も豊富です。

最後に夕食の時間です。

食事をすると血液中に糖、脂肪酸が増えます。

就寝中は身体がもっともエネルギーを必要としない
状態のため摂取した栄養素があまり消費されません。

寝る直前に食事をすると、消化管で栄養素の吸収が
促進され肥満の原因になります。
就寝の4時間前には食事を終わらせましょう。


■焦らず長いスパンで行うのが成功の鍵!

何事も継続は力なりです。

成果はすぐには表れないでしょうが
確実に体質は変わっていきます。

日頃から野菜や海藻・きのこなどの
ビタミン・ミネラルを取り入れることで
体の内面から健康的で若々しくいられることでしょう。

規則正しい生活、適度な運動、バランスのいい食事
という要素が体質改善にはとても大切なのです。


何事にもバランスが大切ということですね。

流行に踊らされず、地道に体質改善をした方が

健康的でしかも簡単にダイエットができそうですね。

Siimo でした。


posted by siimo at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック