2015年03月19日

「その運動では痩せない理由」4つ

こんにちは

Siimo です。


ダイエットを始める方も

もう既に始めている方も

確認のために。


痩せるためには、簡単な方法はない。

という事です。

運動と食事は、車の両輪。

どちらが、欠けても上手くいきません。


その中でも今日は運動について書きました。

スレンダー美人.jpgイメージ

「その運動では痩せない理由」4つ


「どれだけ頑張っても、なかなか痩せない……」。

ダイエットの経験がある人なら、
一度はそんな思いをしたことがはるはず。

しかし痩せるためには、努力だけではなく、
きちんとしたコツも重要。

頑張っても痩せない時には、
もしかしたらその方法が間違って
いるのかもしれません。

そこで今回は、ダイエット時に
やりがちなNG項目をお伝えします。

運動女子.jpgイメージ

■1:フォームが間違っている

多くの人がやってしまう間違いは
「フォームにある」ということ。


実際、運動を行っている際は身体を動かせばいい、
とただ動かすことに集中しがちになります。


しかし間違ったフォームで行っていれば、
効果は激減、しかも怪我につながって
しまうこともあります。


特に間違いやすいのが、スクワット。


ただヒザを曲げるのではなく、
ヒザの角度や向きにも気を配りましょう。


反動をつける人も見えますが、
ヒザに負担をかけます。



■2:運動ばかりで食事には気を遣わない

運動したからといって、
ピザやアイスクリームなどを好きなだけ
食べても太らないというワケではありません。


痩せるためには運動、そして食事制限も必要です。


特に重要なのがプロテインの摂り方。


筋肉を作る要となるプロテインは、
多く摂れば摂るほどいい、と思われがちですが、

実際は摂取し過ぎてしまうと
予備のエネルギーとして体脂肪に
変わってしまうといいます。


栄養素も、食事量も偏ることの
ないようにしましょう。


サプリメントを100%信用せずに
出来るだけ、自然のしかも有機野菜を
とるようにしてください。



■3:ぽっこりお腹は運動で解消できると思っている

年齢を重ねると出てくるぽっこりお腹。

腹筋すれば真っ平らになると思っていませんか? 


実は運動だけでは、
完全に各パーツを引き締めることはできません。


しかも下腹部のふくらみは、
便秘やむくみからも引き起こされます。


そのため運動だけでなく、
普段の食事のなかで食物繊維とお水を
より多く摂ることで、解消していきましょう。


体の筋肉は、全身つながっています。


部分やぜは、出来ません。


全身運動が必要です。


特に、体幹トレーニングが、第1歩。



■4:同じ動きをずっと繰り返している

運動は一度に長時間行うよりも、
ちょっとの時間でも毎日行うのが効果的です。


そしてさらに効果的なのは、
そのちょっとの間に行う運動を、
単調なものではなく、

マルチに効く運動にしたり、
別の運動を加えてみたりすること。

例えば、1回腹筋をする毎に
ダンベルを持ち上げる運動も加えます。

するとお腹だけでなく背筋や
腕エクササイズにもなります。


時間が10分しかない、
などと時間がない時は
とにかくたくさんの動きをして、
あらゆるパーツの筋肉を鍛えるようにしましょう。


結構、家事は運動になります。


しかし、同じ筋肉を使うので、
工夫が必要かも。


今年こそは痩せようと頑張ったのに、
なかなか効果が出ずに諦めてしまった方、
挫け気味な方は是非参考にしてみて下さいね。

ヒップ.jpgイメージ

痩せる必要のない方が、ほとんど。

「なぜ、痩せたいか。」

目的をしっかり持たないと、
人間、そんなにモチベーションは
長続きしません。

このあたりは、後日にします。
リニューアル間近!

Siimo でした。



posted by siimo at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック