2015年06月03日

ふくらはぎ・足首のシェイプは大事なアクセント

美脚美人17.jpgイメージ

Siimoです。

今日は部分痩せ。

なかでもふくらはぎと足首です。

スカートから見える
ふくらはぎと足首は
男性も結構、目が行きます。

特に私は足首フェチですから。

顔の次に足首をチェックするくらいですから。
私のことは、どうでもいいのですが、

露出に関しては、1年中ですから
ある意味重要ポイントですよね。

そのエクササイズを紹介します。


身体のパーツで目がいきやすいのが、
足首からふくらはぎ。

あなたも誰かの
ふくらはぎをチェックしていませんか?


そう、
露出度が高い脚は
いつでも人の目にさらされています。

しかし、
ここが綺麗に引き締まっていたら
体全体のバランスもよく見えるお得なパーツ。

そこで今回は、
ふくらはぎを中心に鍛えるエクササイズをご紹介。

ふくらはぎを使うことで
むくみやすい足も解消できるので、
毎日の習慣にして下さい。



引き締まったふくらはぎ・足首は筋トレで!

適度な筋肉でメリハリが効いたボディラインは
健康的でしなやかな印象をあたえます。

特に、
女性の場合はふくらはぎから足首までの
ラインがシャープに見えると、
それだけで美しい人と印象づけられるほど。

しかし、それだけ大事なパーツなのに、
普段なかなか意識してケアしにくい
というところでもありますよね? 

そこで、
今回は足首からふくらはぎの筋肉を鍛えて、
むくみのないスッキリ引締め美脚作りを
ご紹介します。


美脚の秘訣は、エクササイズにありです。


トゥースクワット

つま先立ちでバランスをとりながら、
下半身特に足首、ふくらはぎに
ダイレクトに刺激していきます。

もちろん、
バランスをキープするには体幹や
下半身も使うので、体全身引き締めと
代謝アップも狙っていきます。


1)足は肩幅にひろげ、両手でダンベルを1つ持ちます。
お腹は腰に引き寄せるイメージで、姿勢を整えます。

トゥースクワット1.jpg

2)腰を落とし、両手は上に引き上げます。
この時、尾てい骨は床に向け、
腰が反らないように注意します。

トゥースクワット2.jpg

3)かかとを床から離します。

トゥースクワット3.jpg

4)かかとは床から離したまま、
太もも裏が床と平行になるように、
腰を下げます。

15回を目安に連続動作しましょう。

トゥースクワット4.jpg



カーフエクステンション

筋トレに使う道具はダンベルだけでなく、
タオルやチューブでも十分効果が出ます。

今回は仰向けで簡単にできる、
レッグエクステンションをご紹介します。

朝起きた時や寝る前にすると習慣化されて、
スッキリ引き締まった美脚が
早くゲットできますよ。


1)仰向けになり、左足の裏にタオルをかけます。

息を吐きながら、足首からふくらはぎを伸ばします。
この時あごを軽く引き、
背中が床から浮かないように注意しましょう。

カーフエクステンション1.jpg

2)息を吐きながら、膝を胸の方に引き寄せ、
太もも裏を伸ばします。

カーフエクステンション2.jpg

3)息を吐きながら、
かかとで天井を押し上げるように、
脚裏全体を伸ばします。

カーフエクステンション3.jpg

4)左手でタオルを掴み、
息を吐きながら足を左側に倒します。
右手は床につけ、
なるべく両方の肩甲骨が浮かないように
意識しましょう。

カーフエクステンション4.jpg

5)右手でタオルを掴み、
息を吐きながら足を右側に倒します。
左手は床につけ、出来れば顔は左側に向くと、
目の疲れや首の疲れも取れ、
アゴのラインもスッキリしてきます。

左足が終わったら右足もチャレンジ。
左右5回づつを目安に。

カーフエクステンション5.jpg


いかがですか?
かかとを押し出しふくらはぎの筋肉を使うことで、
下半身にたまりやすい老廃物やリンパの流れが
良くなり、むくみが解消されます。

また、腰や背中も伸ばすので、
腰痛や肩こりにも効果大です。


以上がふくらはぎを中心とした
エクササイズです。

ちょっと
最初は、キツイかもしれませんが
毎日やるうちに習慣化されて
自然とできるようになります。

きつくても三日坊主にはならないで。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。



posted by siimo at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック