2015年06月05日

セルライトを除去!マッサージ方法と手順(太もも編)

美脚美人18.jpgイメージ
Siimoです。

次は、太もものセルライト!

待ってました。
て言っているあなた。

チョト待って、チョット待って
順番が。


ここまではエクササイズ。

これは、老廃物。

順番でやってます。

では、太もものセルライト除去を


セルライトをなくしたい!

脚痩せ・美脚のキーワードはやっぱり
「セルライト除去」

ダイエットをやっても
胸などの上半身は痩せるけど、
太ももはなかなか難しい。

ということで、今回は
「セルライト除去方法・手順」
をまとめました。


マッサージには、順番があった!

女性の宿敵「セルライト」

脚痩せ・美脚のキーワードはやっぱり
「セルライト除去」。

セルライト1.jpg

セルライト除去は、手順が重要です!


手順1:足裏を指圧

まず、はじめに足裏から

セルライト除去なのに、どうして?!と
思われるかもしれませんが、
まず足裏を指圧しましょう。

セルライト2.jpg

強い力を加えたいときは、
左右の親指でつぼを押すと良いです。

親指や人差し指の腹を使って
足裏つぼを指圧します。

力が足りない場合は、
両手の親指を使うとより圧力が増します。

皮膚の硬いつぼの部分には、
握りこぶしを作って、
指の関節で押すのも効果的です。


手順2:ふくらはぎ〜膝のリンパマッサージ

次は、ふくらはぎのリンパマッサージ

セルライト除去の効果を高めるために、
とても重要になります。

太ももマッサージの前に、
必ずふくらはぎのリンパマッサージをしましょう!

セルライト3.jpg

圧は優しく手の平全体を使って
下から上にかきあげるように

足首から膝裏までゆっくり!

足裏の指圧をした後に、
足首から膝裏マッサージを行えば
より効果が期待できます

ふくらはぎの表側は、
ら線を描きながら膝下リンパ節に
ゴミを集めるようにする

片方の足だけリンパマッサージを行って
足首、ふくらはぎ、アキレス腱の位置を
見比べてみると細くなっているのを
実感できると思います。

脚全体も軽くなって
ビックリされると思いますよ。


ふくらはぎに強いマッサージはNG!

強く力を入れすぎてしまうと、
皮膚のすぐ下にあるリンパの流れを
逆に止めてしまう原因にも。

リンパの滞りは、
軽くさすってあげるだけで十分解消されます。

リンパを流すマッサージは、
力加減次第では逆効果になりますので
十分注意しましょう。


手順3:太ももの気になるセルライトを潰す

セルライト撃退には
マッサージがとても有効なのです。

マッサージは末梢血管から
身体の中心である心臓に向かって
行うことによりリンパの流れを促して
代謝を活発にしてくれる。

だから、足裏→ふくらはぎと順を
追ってきたんですね。

めんどくさいかもしれませんが、
セルライト除去効果が全然違うようです。


ようやく、太もものセルライト!

手のひら全体・指の腹全体で
つまみあげるように揉みます。

セルライト4.jpg

時間の目安:片脚10分位。


力を入れすぎないように十分注意してください。

セルライトはダメージを受けている皮下の組織。

瀕死の重傷を負っているような組織を
そんなに痛めつけたら、
損傷は悪化するばかりです。

特に気になる箇所は
集中的に行うとさらに効果的。


手順4:脚全体のリンパマッサージ


セルライト5.jpg


足首からそけい部までゆっくりとマッサージ

セルライト6.jpg

セルライト化した組織のリンパ液は
ドロドロとしているので、
しっかりとマッサージ。

流れ出したセルライトを
リンパに排出するための
リンパマッサージをする

リンパとセルライトを両方意識してマッサージ



その他注意点

セルライトのメカニズムと改善のイメージをしておく


セルライト7.jpg


毎日コツコツとマッサージすることで、
必ずセルライトを除去できます。

焦らず、じっくりとやっていきましょう。


セルライト8.jpg


どうでしたか?

これをエステサロンで
やると幾らになります。

ちゃんと、仕組みを
覚えて、自分でやれば

毎日エステ状態!!

続けましょう。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。



posted by siimo at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック