2015年06月10日

ヒップアップエクササイズ

美尻1.jpgイメージ
Siimoです。

今日は、ヒップアップです。

昨日も言いましたが、

お尻が貧弱な人が多いですね。

男も女も


私もお尻が垂れて、カッコ悪いので
人のことは、言えませんが、

それでは、
ヒップアップエクササイズ
紹介します。


お尻が上がっていると、
スタイルが良く見えますよね。

誰でもできるヒップアップの方法を解説します。


●ヒップの構造

ヒップアップ1.jpg

・ヒップの筋肉

ヒップアップを効果的に行うために
ヒップの構造を理解する必要があります。

ヒップアップに関係するのは
主にお尻の後ろにある大臀筋、
その側面にある中臀筋、
太ももの裏にある内転筋です。


・ヒップの骨

骨盤は一枚の大きな骨ではなく、
背骨の下の仙骨と、
左右の腸骨と
大きく分けて3つの骨からできています。


・理想的なヒップ

キレイとされるヒップの形とは、
程よい高さで曲線が描けていることや、
ヒップとももの境目が
はっきりしていることが条件です。


●ヒップのトラブル

ヒップアップ2.jpg

・垂れ

加齢や筋肉の衰えが主な原因で、
ヒップの曲線が崩れて下へ垂れたようになります。


・肉割れ

急激な体重変化などが原因で、
コラーゲン繊維が避けてしまうものです。

特に出産後の女性でよく発生し、
妊娠線とも呼ばれます。


・ピーマン尻

ヒップの上下が角ばったお尻で、
老化によって変形した結果なることが多いタイプです。


・四角尻

筋肉と脂肪が角張って、
曲線が失われてしまっています。

骨盤が開いてしまった状態の人に多いと言われます。


●ヒップアップのための骨盤エクササイズ

ヒップアップ3.jpg

1)骨盤振り体操

開いた骨盤を緩めて、
正しい形を取り戻すためのエクササイズです。

かかとを付けて立ち、
腰を持って大きく円を描くように
左右に5回ずつ回します。


2)ヒップウォーク

脚を伸ばして座り(長座)、
おしりを左右交互に動かして前進します。

10回程度を目安に、
骨盤周辺の筋肉を解すことを意識しましょう。


3)骨盤矯正

足裏をピッタリと付けて
膝を出来るだけ開いて10秒キープします。

両手をももの内側に添えて
脚を抑えるのがポイントです。


●ヒップアップのための筋肉エクササイズ

ヒップアップ4.jpg

1)ヒップアップスクワット

真っすぐ立った状態から、
両手を腰に当て、片足を前へ踏み出します。

膝を90度くらいまでまげて、
腰を沈みこませ、元の位置に戻ります。

左右20回が目安です。


2)足上げエクササイズ

椅子の背やテーブルに手をついて、
後ろへ片足ずつ脚をあげます。

10〜20回ずつを片足ずつ交互に行いましょう。

まとめてあるので
わかりにく部分もあるかと
思いますが、
老いも若きも
男も女も
是非、実践してください。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。





posted by siimo at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック