2015年06月12日

名前がちょっと怖いけど…「肩甲骨はがし」が気持ちいい    その2

肩甲骨美人2.jpgイメージ
Siimoです。

前回に引き続き
「肩甲骨はがし」です。

今回は、実践偏という事で、
自宅でもできる簡単な
ストレッチです。

見た目簡単ですが、
最初は、硬い方は
思う様にできませんし、痛いです。

それを我慢して、毎日やれば
肩が楽になります。

それでは、
本編を


●「肩甲骨はがし」の方法は?

とても簡単

肩甲骨6.jpg

超気持ちいいです

「肩甲骨はがし」をすることにより、
普段の生活ではあまり動かすことのない
肩甲骨を動かすことができます。


@寝ながら「肩甲骨はがし」

仰向けになり、両手を肩の高さで広げ、
背中も大きく広げるイメージでリラックス。

肩甲骨7.jpg


左手をそのまま天井の方に伸ばし、
指先が肩甲骨を引っ張るように、
肩甲骨を床から離し、そのまま右腕方向に。

肩甲骨8.jpg


そのまま左手の平、右手の平を合わせるように、
左背中全体をゆっくりストレッチ。

この時、お尻が浮き過ぎないように注意。

ゆっくり左手を床に戻し、反対側も同様に。

5回を目安に、ゆっくり動作しましょう。

肩甲骨9.jpg



A上げ下げストレッチ

手を腰に当てて肩甲骨を意識しながら
肩をめいっぱい上げて、思いっきり下げましょう。

上げるときに息を3秒吸って、下げるときに3秒吐きます。

肩甲骨10.jpg


B四つん這いストレッチ

ベッドから起き上がる前にとりたいポーズです。

両ヒザを揃えて四つんばいになり、
足のつま先を立てたら息を吐きながら
お尻をかかとの上に。

上半身を倒しながら両手を頭の上へまっすぐ伸ばします。

肩甲骨11.jpg


そのままお尻を高く上げ、
深呼吸しながら背中を伸ばします。

肩甲骨12.jpg

右手はまっすぐ伸ばしたまま左肩を
ベッドにくっつけて、
左腕を右ワキの下に伸ばします。

左の肩甲骨や肩回りをほぐすイメージで

肩甲骨13.jpg

左腕を元に戻したら、
今度は右腕を左ワキの下に伸ばします。

肩甲骨14.jpg(写真14)


効果を実感するために
1日5分から10分程度を定期的に毎日行うことが大切


重く乗りかかる痛みや脂肪を脱ぎ捨て、
エンジェルな笑顔とボディを手に入れましょう!


如何でしたか?

治療院に通っても
直ぐに肩は痛くなります。

その度に治療院にきくとなると
治療費だけでもバカになりません。

簡単ですが、
毎日やることで、
肩甲骨周りの筋肉が
柔らかくなり
肩甲骨が自由に
動けるようになります。

私も日課にしております。

おかげで、四十肩も
大分楽になりました。


最後まで読んで下さり
ありがとうございます。
Siimoでした。




posted by siimo at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック