2016年08月14日

仮面夫婦の特徴5つとは?




Siimoです。
仮面夫婦.jpg

世の妻たちは、知らず知らずのうちに
今の環境を”おとなりさん”と比較しがちです。
他人のことなんか気にしない強妻もいますが、
人の心は弱いものです。
(夫もそうですが今回は妻側の代弁を)

・仲良しのママ友の旦那さんの会社の方が
うちの夫の会社より有名。いいな。

・大学時代の親友が、一戸建てを購入した。いいな。

・となりの車庫にある車が高級外車に変わった。
乗ってみたいな。いいな。

・ママ友の旦那さんは家事を率先して
手伝ってくれるそうだ。いいな。

・おとなりの旦那さんはいつもに
こやかでやさしそう。いいな。

・大学時代の親友は、いまだに夫と
セックスレスじゃないそうだ。いいな。

漠然とした「いいな。」が長年の結婚生活で
ジワリジワリと積もってゆき、
夫と小さな喧嘩をした時に
「私だけが損してるんじゃないか」
「私の結婚生活はイマイチじゃないか」
「この夫を選んでよかったのか」
とふと考える。

この結婚否定概念が芽生えてくると、
仮面夫婦への道まっしぐらに突き進むことになります。
「離婚を考えないわけではない、
損得でいくと損しそうなので夫婦関係を続けておこう」
という流れです。
こうなってくると仮面夫婦にありがちな
行動をとりがちです。
どちらかが仮面をかぶると、相手もかぶる。

共鳴現象です。

では、仮面夫婦の特徴とは。

1. 相手に興味がないので生活に必要な会話しかしない
衣食住&子供の話題限定の会話です。

2.第3者がいると、表情が変わり、
夫婦円満をアピールする

3.愛情が冷めた結婚生活を一人で抱え込むのは
辛いので自分の親、兄弟姉妹には愚痴を漏らす

4.「結婚とはこんなもの」という諦め感が強い
相手の本質ではなく条件を優先して結婚した場合、
仮面夫婦を永遠に続ける選択をします。
  
5.スキンシップもセックスもない
心が冷えていますので、
身体も性的スイッチが入りません。

特に4番は多くの仮面夫婦が抱える闇です。

そんなにクールな関係なのになぜ離婚しないのか?
と第3者は思うでしょう。
しかし、こういった夫婦は実はあっちにもこっちにも
存在すると思いませんか。

不自由ない生活をさせてくれる夫
誰もが羨むモテ男・モデルのように美しい妻
親の遺産をたくさん持っている妻
親に進められて選んだ夫など、

離婚する決定的な理由がなければ生活の安定、

世間体のプライオリティが高くなります。

よって大きな言い争いはせず黙り込みます。


諦める。

やり過ごす。

受け流す。

この3拍子で暮らします。

周囲に対しては笑っているので、
誰も気づかない。
離婚後のダメージを考えると、
仮面夫婦でいるほうが幸せという選択肢が多数派です。

経済的ダメージ、子供の気持ちのダメージ、
ステイタスを汚されるダメージ
(離婚すると社会的イメージが悪くなる職種)。

離婚しない理由は無数にあります。

ならば、仮面夫婦の仮面を脱いで、
相手との関係性を修復したほうが生活が
楽になるのではなかろうか。
と私は考えますが、
あなたのところは、大丈夫?

うちも完全に仮面だわ。(笑)

以上、最後まで読んでくださり
感謝しております。
「ありがとうございました。」
Siimoでした。




posted by siimo at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック