2018年05月03日

野菜を生で食べると身体はサバイバルモードに突入


野菜を加熱する?しない?

良い面も悪い面もあるけれど、
どちらがいいのかはこのガイドを参考にして

<加熱する>

ホウレン草
シュウ酸が含まれた鉄分を吸収しにくくするので、
熱で分解して。蒸すのがおすすめ。

トマト
加熱することで抗酸化成分が60%アップ。
ゆっくり火を入れて、パルメザンチーズをかけて。

アスパラガス
熱が甲状腺しゅ誘発物質のゴイトロゲンを
非活性化させるので火を使って調理して。

ニンジン
熱はビタミンAになるベータカロチンを活性化する一方、
糖質が増えるのでよく考えて。

<生で>

ブロッコリー
酵素のミロシナーゼがガンに効果のある
サルフォラフェンを作るが熱で壊れてしまう。

サツマイモ
火を入れると確かに消化されやすくなるが、
糖質も増えてしまう。

タマネギ
アンチエイジングに効果のある硫黄化合物が豊富だが、
熱で失われやすい。

ニンニク
生だとコレステロールを下げる抗炎症作用があるけれど、
息には気を付けて。

Text:Noriko Yanagisawa



masayuki simomura




posted by siimo at 23:37| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。