2018年05月18日

自分は空っぽな人間と思っていた女性が「本当にやりたいこと」を見つけるまで その2



コーチングを受けてみて、
どんな成果がありましたか?

人と比べることがほとんどなくなった。

最初のセッションで、
他人からの評価を必要以上に気にして、
そのことで頭がいっぱいで自分自身のこと
(自分がどう思っているのか、どうしたいのか)を
考える余地がなくなっていること、
出来ないことに関して、その分野で得意な人
(しかも自分の半径1メートル以内にいる人)と
勝手に比べて落ち込んで、
必要以上にことを大きくしていることを指摘され、
金槌で殴られたようなショックを受けました。

セッションを追うごとに、
それが感覚としてわかっていき、
自分がどうしたいか、
どう考えているのかに焦点をあてることが
できるようになりました。

昇進が遅れていることも他人からの評価であり、
自分自身の価値ではないことに気がつけました。

逆に、自分が得意なことが苦手な人に対して、
無意識のうちに、マウンティングしていましたが、
それだけがその人の価値を決めるものではなく、
自分より劣っているわけではないことに気づき、
自分が今まで受け入れてこなかった
他人との違いを、心から
楽しめるようになりました。

また、人付き合いや料理など
苦手にしていることに対して、
上達しないことを気にするのではなく、
自分なりに頑張っていていることに
目を向けられるようになり、
無理に伸ばそうとすることが
なくなりました。
次回に続く




masayuki simomura





posted by siimo at 11:52| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。