2018年05月28日

真似したい!成功する人の口癖とは?その3

真似したい!成功する人の口癖とは?


真似したい!成功する人の口癖とは?その3

口癖2:やってみよう

チャレンジをしないと、
新しい道は開けてきません。

成功者は、
常にチャレンジしたいと思っていますし、
チャレンジできるものを探し続けています。

見たこともないものに対しては、
誰もが恐怖心をいだくものです。

しかし、怖気づいて止まっていては
成功が訪れることはないのです。

こちらも例を挙げてみます。

・まだ不安な部分がありますが、
 とりあえずやってみましょうか。

・その提案、やってみよう。
 お客様に怒られたら
 俺がついていってやるから。

・これまでやったことはないんですが、
 スキューバダイビングをやってみようと
 思ってます。

勘違いしてはいけないのは、
無茶な事に手を出すという意味ではありません。

ハイクラスなビジネスマンであれば、
「やってみよう」と決めた後に
しっかりと調査をします。

ある程度のリスクを洗い出すことができたら、
100%じゃなくても始めてみるのです。

とにかくやってみるという意識を持っていれば、
新しい事へのチャレンジが楽しくなってきます。

失敗してもいいから、
やってみることが成功者への近道と言えます。

口癖3:なんとかなる

成功している人は、
過去に成功した分だけ失敗もしています。

もしかしたら、失敗の方が多いかもしれません。

これまでにご紹介した口癖の例で言えば、
面白いね、とりあえずやってみよう、
としてスタートした事業が
うまくいかないことだってあります。

重要なのは、
失敗してからどのような行動を起こすか、
なのです。

あーもうだめだ、と沈んでしまうのか、
いや、絶対なんとかなる!
奮起するのかでは、
成功への距離に雲泥の差があります。

・一緒に謝りに行こう!絶対なんとかなる!

・明日になれば、この流れもなんとかなるよ。

・頑張れがきっとなんとかなるさ。

なんとかなる、という気持ちでいれば、
踏ん張って努力をすることが
できるようになります。

もうだめだ、と諦めてしまっては
力が湧いてきません。

部下が仕事で失敗をした時にも
「なんとかなる」と声をかけてあげ、
手助けしてあげることが
成功者の振る舞いです。

部下は失敗から学ぶことも多いでしょうし、
なんとかなると思ってくれる上司を
信頼してついてきてくれるようになります。

周りも元気にさせることができるのが
なんとかなる」の口癖なのです。


masayuki simomura






posted by siimo at 18:49| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。