2018年06月07日

始めは本能のままに「金が欲しい!」だけでいい その1



月収200万円を目指す理由

結論から言えば、だいたい
月収200万円ぐらいまでは、
働く意味など考えずに
お金が目的
だけでもいいようだ。

あるベンチャー企業の社長は、
はじめは儲かりたいの一心、
強い金銭欲の固まりでいいのだと
言い切る。

その理由は、
お金が欲しい。儲かりたい動機。
これは自己成長欲求の表れの一つ
であるからだと。

お金儲け自体は、非常に
社会的意義がある。

利益を上げることであり、
それは、決して汚いことでも
何でもない。

お金は所詮、自己の目標や
夢を実現するための「道具
の一つの過ぎない。

だからこそ、
お金儲けというのは
「手段」「儲け方」が
大切なのだ。

法を犯したり、ルールや道徳に
反することなどは決してしない。

当然である。

それをわきまえた上で
儲かりたい
お金が欲しい」という
自己実現の一つである
欲求心を満たすため努力する。

それが「商売」の基本なのだ。

神田昌典の成功ノートの一部引用

masayuki simomura





posted by siimo at 17:32| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。