2018年06月13日

成功者の「使命」(ミッション)には必ず「儲ける」という文字が!その1



成功できる人、出来ない人の差はここにある

「やりたい」
「やりたくない」だけでは
判断できない?

当然だが、ビジネスを展開していくとき
「なんとなく楽しそう」
という感覚だけでは通用しない。

もちろん人間だから、嫌われたくないし、
自分以外の人間を幸福にできればうれしい。
当然、誉められればうれしいに違いない。
そんな仕事ができたら・・・

誰でもこんな気持ちを持つのは
自然なことだし、否定するつもりは
ないが、ただここから入るとまず
成功はしない。

そこで、どうするかだ。

自分のミッションとは何か?
という問い掛けだ。

自分のビジネスや人生、生き方など
すべて含めて、人生のミッションに
ついて常に考えることが大切だ。

そして、それを書き出して見ること。
必ずやって欲しい。

ミッションというのは、
自分に与えられた「使命」という
意味だ。

むろん、その内容は人それぞれに違う。

「ヒット商品を連発する」
「会社を大きくする」などは、
ビジネス面でのミッションだ。

一方で、ビジネスとは別に
「いい家庭を築く」
「両親を大切にする」
「豪邸・別荘を持つ」
といった、個人的な部分での
ミッションを揚げる人もいる。

ここで重要なのは、たった一つ。

書き出したミッションの中に
「儲ける」という文字が
なければダメということだ。
(続く)

神田昌典の成功ノートの一部引用

masayuki simomura









posted by siimo at 17:04| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。