2018年06月29日

成功者の習慣


何でも興味を持つ

成功のもとは思わぬ所に落ちています、
成功者はアンテナを張り巡らせて、
常に色んなものに興味を
持つようにしています。

10代にとあるゲームが人気ならば
自分もそれをやってみたり、
50代にある趣味が人気なら
その趣味を始めます。

知的好奇心が旺盛で、
何でも興味を持って自分も
それを体験しようとしているので、
その中からふとした成功のもとを
発見するのです。

自己管理ができる

自分の感情、モチベーション、時間、
体調においての自己管理をしっかりしています。

どれも常に高い状態で維持するだけの
管理能力が大事です。

これは、明確なビジョンが
あることによって、
それがエネルギーとなって
管理能力が高まります。

時間を無駄にしない

成功者は
「時間こそが何物にも代えがたい大切なもの」
だと解っているからこそ、時間を無駄に使う
事をしません。

だから今日中にやらなければ
いけない仕事があれば、早起きしてさっさと
片付けてしまいます。

その為にいつまでも時間に余裕があり、
時間に余裕があれば心にも生活にも
余裕が出来ることを知っています。

いつまでもよそ見をしたり、集中せずにだらだらと
仕事をしているせいで時間が足りず残業の毎日と
いったことがないのです。

早起きしている

成功者は早起きが多いです。

例えばスターバックスのCEOのハワード・シュルツ
は朝4:30に起床しています。

リーダーシップがあり、時間管理能力も高い人は
夜型より朝型のほうが多いという
心理学上のデータもあります。

人と話す

成功者はアイデアを自己完結してしまわずに、
他の誰かとディスカッションする事で、
更にアイデアを練ろうとします。

その為に「人と話す、人の話を聞く」
事を習慣化している成功者もいるのです。

masayuki simomura







posted by siimo at 16:03| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。