2018年07月14日

悩めるサラリーマンが増えているのはなぜか?



今、多くのサラリーマンの方が
ため息をつきながら日々を
懸命に生きています。

通勤電車などでは深いため息をつく
サラリーマンの方なんかをよく見かけます。

彼のため息の原因が仕事内容のせいなのか、
職場の人間関係のせいなのか、
あるいはもっと別の理由のせいなのか、
こちらには知るよしもありません。

だけど、朝早く起きて、満員電車に押し込められ、
夜遅くまで仕事をするという
『日本的サラリーマンの生き方』は
多くの人を苦しめているということだけは
事実です。

相変わらず日本人の自殺者の数は
高止まりのままです

うつ病になる人やその他の精神疾患をかかえる
人の数も年々増えつづけています。

なぜそういう人が増えてしまったのでしょうか? 

そういった人生をおくることに
なってしまったのは果たしてそのひと自身
せいなのでしょうか?

僕にはそうは思えません。

いろいろな要素が複雑にからみ合い、
その人をそんな状況へと導いていったのだと
思います。

坂本 春樹氏ブログ引用


masayuki simomura








posted by siimo at 16:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。