2018年08月09日

「聞く」チカラが人を集めるワケ



人の話を聞いたり、
誰かに話をしたりということは、
子どもの頃から自然と学び、
実践していくことですが、
実はとっても難しいものです。

仕事上のミスも、
その原因の多くはコミュニケーションに
食い違いがあったことだとも
言われています。

そして、難しいからこそ、
きちんとマスターすれば
それはかなり強い武器になり、
味方を集め、チャンスを
集めることにつながります。

コミュニケーションの能力の中では、
いかに相手に正しく伝えるか
ということが重視されることが
多いため、なかなか「聞く」チカラに
注目が集まりません。

しかし、味方や運を集める人の多くは、
ただ話が上手なだけではなく、
「聞く」のがとても上手です。

なぜなら、大抵の場合、
多くの人は「誰かの話を聞きたい」
と思うよりは
「誰かに話を聞いてほしい、
受け止めてほしい」と
思っているからです。

アメリカの心理学者、
マズローが理論化した
人間の欲求の中でも、
「人に認めてほしい」と思うことは、
自己の内的な欲求の一つとして
挙げられています。

自分の話を真摯に聞いてくれる
人のところに、人は集まります。

人の話を聞けること、
受け止められることは、
すなわち、人が向上心を保つのに
必要な「人に認めてほしい」
という欲求を満たす助けが
できるということなのです。

実際、カウンセリングなどの
サービスを利用して、
お金を払ってでも人に話を
聞いてほしいと思っている人は
年々増加しています。

「この人になら話を聞いてもらいたい」
と思えるような聞き手になれば、
人が集まり、人と一緒に思わぬ
収入のチャンスや、
出会いが巡ってくるようになるのです。

MARIAレポートより引用。

masayuki simomura








posted by siimo at 17:33| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。