2018年08月17日

不確かなことへの対処方を身に付けて年収をあげる


コンフォートゾーンから
抜け出すことで、不安が襲ってきます。

コンフォートゾーンから
抜け出すことは、「不確かさ」
増した状態になるということです。

不確かなことがあるということが
わかっていると、落ち着かない気分に
なります。

人は一般に、受けるかどうか
わからない不確かな痛みよりも、
確かな痛みの方をより好みます。

最新の研究での調査結果なので
詳細はわかりません。

しかし、人は、不確かさを
確実な痛みよりも嫌うというのは
面白いことです。

不確かなことは基本的に
人は嫌いなのです。

不確かなことがあると、
ネガティブな体験対して
より強い反応をするようになります。

不確かな状態というせいで
ネガティブなイメージが先行すると、
何が起こるのかわかっているような
状態に比べて冷静さを失いやすい
という研究もあります。

「不確かな社会的、政治的、
経済的状態におかれていると、
コンフォートゾーンはかなり小さくなる」
と言われています。

恐れることが多ければ多いほど、
コンフォートゾーンが小さくなって、
コンフォートゾーンから外へ出ることが
困難になります。

親しみがあるものは居心地が良くて、
楽しむことができるので新しいものに
対して警戒するものは生物学的な
進化論的見地からみると、
当然のことです。

毎日通っている道と
通ったことのない道だと、
動物は毎日通っている道は
よく知っているし、
危険は毎日通っている自分が
生き残っていることから
その道は安全だと思うのは当然ですよね。

そういうことです。

YUKIレポートより引用。

追伸
しかし、不確かな道へ行けば、
年収が上がるかも知れません。

暗くて、先のない道が
突然、明るい場所にでることに
なるかもしれません。

確か、絶版になってしまったと
思うのですが、
「チーズはどこに消えた」という本は
おススメです。

複数の収入源を持つ
コンフォートゾーンから
簡単に抜け出せます。

興味のある方は
下のURLをクリック


masayuki simomura







posted by siimo at 08:31| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。