2018年08月18日

コンフォートゾーンから抜け出す


コンフォートゾーンを
抜けだして不安なレベルを
挙げるようなことは、

コンフォートゾーンを
ぬけ出すのは良いです。

ある程度ならば、という条件付きですが。

パニックゾーンに入らない程度に
コンフォートゾーンを
ぬけ出すようにしましょう。

コンフォートゾーンを
ぬけ出すようにするには、
不安と成功、自己不信の感情が
織り交ざっている時に成長ができます。

ロッククライミングや、
スカイダイビングのようなアウトドアの
危険な遊びにワクワクするのは
不安や恐怖があっても成功した時の
喜びがあるからです。

不安にならないでできることが少ない人は、
コンフォートゾーンが狭く、
不安を感じている時間が長く、
人生で起きるようなワクワクすることの
多くを見逃しています。

新しいことをするときには、
脳の快楽中枢のドーパミンのレベルが
上がる傾向にあります。

ドーパミンの役割としては、
快楽を求めるやる気を出させることで
新しいことをしようとする衝動を上げます。

新しいことは記憶力を向上させて
脳が新しいことに適応しようとすることで
学習能力も上がることが証明されています。

やる気を出す方法で、
私達がやる気を出す理想的な場所は、
「生産性がいまいち上がらないところ」
だと言われています。

快適すぎると生産的になりません。

快適でなさすぎても生産的になりません。

あつすぎず、寒すぎないところが理想的です。
と、『モチベーション3.0 持続する
「やる気!」をいかに引き出すか』の
著者ダニエル・ピンク氏も述べています。
YUKIレポートより引用。

追伸
複数の収入源を持つこと自体、
あなたのコンフォートゾーンを
抜け出すことになるのです。

そして、収入が増えることで
また新しいコンフォートゾーンを
抜け出していきます。

そうやって、あなたは自己成長して
行きます。
興味のある方は、下のURLをクリック

masayuki simomura








posted by siimo at 08:17| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。