2018年09月30日

決めるときは立つ

脳.jpg

南カリフォルニア大学のバーカイン教授の
研究によると、座らせた人間と、
立たせた人間を比べると、5〜20%も
決断時間が早くなることが発見されている。

これは、大脳反応を比較した結果、
立たされている人間の方が、
大脳反応が敏感になるため。

プロ野球の監督が試合中に
立ったまま式をとっているのも、
素早い決断を求められるときに、
立った方が決断が早くなることを
無意識にしっているからかもしれない。

そういえば、自分もアイデアを出すときや
何かを考えるとき、大切な電話をするときは、
いつもぐるぐる歩きまわりながら、
考えたり電話をしている。

アイデアが浮かばないとき、
優柔不断で決断が遅いときは、
立って物事を考えるだけでも
20%も効果が高まるということです。

明日から、メニューを決められない人を
みたら、立たせてみましょう。
伊勢隆一郎氏のブログの一部を引用。

追伸
いいことを聞きました。

人は決断の連続です。

中には難しい決断を迫られる場合も
あります。

そんな時は立てばいいのですね。

複数の収入源を持つこと
私は、THE FINAL をお勧めしているの
ですが、
興味のない方は、全然迷わないですし、
興味のある方は、決断されています。

問題なのは、決断しかねている方ですね。

そんなときは立って考えてください。

あなたの決断がでると思います。
YESの人はここをクリックして
https://bit.ly/2zSYuK2
その先に進んでいってください。

ありがとうございました。



masayuki simomura












posted by siimo at 17:41| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。