2018年10月20日

高野山(和歌山県)

高野山.jpg
壇上伽藍

空海が開いた天空の都市
明治以前は高野山全体を
総本山金剛峯寺といい、
「一山境内地」とされていました。

山内は「奥之院」と「壇上伽藍」を
二大聖地とし、
今も人々の信仰を集めています。

奥之院には、墓石群のほか
慰霊碑や供養塔なども数多くあり、
民族や宗教の違いに関わらず
全てを受け入れる寛容さは、
高野山が1200年継承してきた精神であり、
その魅力となっています。

壇上伽藍[だんじょうがらん]

高野山の二大聖地のひとつ。

弘法大師が真言密教の
根本道場を開くにあたり
最初に整備に着手した場所です。

境内には根本大塔、金堂など19の
建造物が建ち並びます。

高野山3.jpg
奥の院参道

奥之院[おくのいん]

壇上伽藍とともに高野山の二大聖地。

弘法大師入定の地であり、
弘法大師御廟は大師信仰の中心聖地です。

一の橋から弘法大師御廟まで
約2kmの参道には、
多くの伝説も残っています。

他にも色々と書きたかったのですが、
最低限、この2か所は押さえないと
怒られますね。

私は、今でも空海は、日本が生んだ
最大のヒーローと思っています。

日本は神の国ですから、今までは
神社の紹介が多かったと思いますが、
それはこれからも続けていきます。

高野山は今回。
いづれ比叡山も
紹介するつもりです。

時間に縛られずに、ゆっくりと
高野山を参拝できるように
なりたいものですね。

それには、
やはりTHE FINAL が必要です。

あなたの為にも、家族の為にも
あなたの未来が安定していることが
重要なのです。

それを検証してください。

URLをクリックして登録してください。


あなたの将来に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simomura




















posted by siimo at 13:22| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。