2018年10月20日

収入と支出を管理できればお金がない状態から抜け出せるのか?(その2)

お金がない2.jpg

毎日の支出を見直して減らす

時々いますよね、
あまり稼ぎがあるわけではないのに
貯蓄額が結構ある方。

投資等によって資産運用している場合も
当然あると思いますが、
それは後半で述べることとして、
いわゆる「節約型」の場合です。

この場合、まずは現状把握、
すなわち、毎日・毎週・毎月、
何にお金を使っているのかというのを
把握することから始めます。

何事も、問題解決には、
現状把握と原因を探らねばなりません。

今回の問題解決のミッションは
「お金がない」と感じないように
するという事です。

言ってみれば、家計簿を毎日つけるよう
することからスタートすることが、
現状把握のはじめの一歩と
なるのではないでしょうか。

月末にまとめて領収書等を
書きこむようなスタイルでは、
お金を何にどれくらい使っているかを
実感できませんので、
毎日続けることが肝要です。

しかし、実際やってみると結構面倒です。
交通費○○円、お昼○○円、
文房具代○○円等々。

そこで、ここは、スマホアプリの
『マネーフォアード』を使ってみましょう。

感動するくらい楽に家計簿が毎日作れて、
グラフ化や割合等も自動計算してくれます。

『マネーフォアード』を使用して、
現状把握をしてみると、
必ず無駄な部分が見えてきます。

私の場合は生命保険料と食費が
過剰な部分でした。

非常に使いやすいアプリですので、
使ってみると簡単に習慣化することが
出来ると思います。

そして、無駄なところを排除する。

まずは、支出を減らすという
ところから始めてみましょう。

収入を増やす

収入を増やす、
「それが出来れば苦労はしない!」
という声が聞こえてきそうですが、
ちょっとだけ考えてみてください。

収入を増やす方法はいったい
どのようなものがあるのか。

一般的には、現在の給与を
上げるというのが、
正攻法的な回答であると思います。

しかし、実際問題、
現在の給与を上げるといった場合、
上司に相談したところで
おそらく無意味ですから
(それで事が解決するなら、
上司は自分の上司に同じことをして
社長まで行くはずです。)、
転職によって給与を上げるというのが
現実的な給与の上げ方といえます。

それでは、転職サイトに登録をして
案件を見てましょう。

今まで真面目にやってきた人であれば、
意外と転職することが可能である
というのがわかるはずです。

もちろんそこには、年齢の壁や
資格等の壁というのがありますが、
スキルがあるのであれば、
かなりの確率で面接までは
こぎつけることが出来ます。

また、転職サイトには
エージェントと呼ばれる、
転職条件についての
あなたの代理人が専属で
つくことが多いです。

私は、1度転職をしたことがありますが、
エージェントのスキルもかなり
転職条件を左右することになります。

ただ、こればかりは運なので、
良いエージェントに巡り合うことを
祈るしかありません。
(続く)

WORLSHIFTレポートより引用。

追伸
今のところ
この意見には反対です。

多分後半に出てくると
思いますので、
それを期待して多くは
語りません。

私が、考えて欲しいのは。

あなたの未来のことです。

わたしは、あなたが30代から
50代のサラリーマンを想定して
書いてます。

勿論、そのほかの人にも
当てはまります。

この頃の年代は、
転職も難しいのですよね。

女性は、一杯あります。
掃除からデスクワーク、
まで選ばなかったら
いくらでもあります。

男性の50代営業マンは、
最悪。

どこもありません。
営業職に転職なんて
ブラックぐらいしか募集して
いませんよ。

だから、
複数の収入源を持つこと
勧めているのです。

とくにTHE FINAL はかなり優良です。

必ず儲かると言えば、法律に抵触
しますので、言いませんが、
多くの成功者がもう出ています。

丁度1年です。
会員数8000人
日本一巨大なコミュニティです。

年齢層は、比較的高めだそうです。

そうなんですよ。

考えることは、皆同じ。

準備をしているんですよ。

自分の身は自分で守ることの。

あなたも実際に検証してみてください。

それから、決めても遅くないと思いますよ。

URLをクリックして登録してください。

https://bit.ly/2zSYuK2

あなたの将来に期待します。

ありがとうございました

masayuki simomura












posted by siimo at 17:53| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。