2018年10月30日

失敗する社長は従業員の活躍の場を奪い中途半端な表舞台しか与えない(その3)

安心感と信頼性.jpg

安心感と信頼性

お金儲けの醍醐味は馴染みに
なってからが本当の戦いです。

顧客は信頼し提供者側に
安心感をもっています。

嫌な待遇や不具合を与えてしまっても、
その店側の誠意と顧客へのリスペクトを
忘れなければまたかえってくるものです。

何故そのような事になるのかと言えば、
店側がアクションを起こす、
その独自性にあります。

顧客満足感のために行うサービス
そして、意外な展開などで
飽きさせないという演出をするものです。

有名であればあるほど、
その傾向は強いものです。
車プレゼント!とか、
旅行プレゼント!などは有名です。

デザイナーブランドなどは、
ファッションショー招待或いは、
映画祭招待などもあります。

小さいものでは割引券やクーポン券、
さらにはポイント還元、
現金還元など様々です。

還元系の演出は不特定、
限定ということで外れてしまう人には
不親切です。

そこでセールという流れをつくったり、
増量というやり方で
お得感を出したりします。

勿論、期間限定ということで
不特定多数に訴える方法も有ります。

接客方法にも徹底しているケースがあります。
迎えいれる時は同じ目線で、
オーダーをとるとき或いはお伺いを
頂くときはしゃがんだり前屈みで
低い姿勢を保ったりと、まるで武士の、
家来のような格好になります。

そして代金を頂くときは
また同じ立ち位置になりますが
『オアイソ』という謙虚さを
かもしだしながら対応します。
オアイソとはお代をもらう際の姿勢で、
「愛想がなくって
申し訳ございませんでした。」
という意味のことです。

お客さんがいう言葉では
本来ありません。

そして、出て行く際に
深々とお辞儀をして
礼をつくし見送るのです。

こうした接客の気持ちよさが
安心と信頼を生み出し、
中で繰り広げられる
“飽きさせない演出”により効果を
もたらせているといえます。
(続く)
MARIAレポートより引用。
追伸
私たちは、こうやってものを
買わされているんですね。

しかし、顧客は、満足している
わけですから、それでいいのです。

どんなに、旨い料理でも、
どんなに素晴らしい洋服でも
接客が、悪いとちょっとでも
お客が感じたら、その店には
二度と来なくなります。

人は、感情でモノを買うのです。

買った後付けで理由をつけるだけ。

欲しいと思わせる、
スキルがいるのですね。

ネットの世界でも同じです。
私が、あなたにこうして、
毎日書いてますが、
あなたの心に響かなければ、
あなたは、クリックも押さないでしょう。

同じです。

でも、テクニックを使ってする方法を
知りませんので、
あなたに失礼なことを書いているなら
ここで謝ります。

でも、THE FINAL はTHE FINAL ですから、
誰が、言っても内容は、同じです。

ですから、わたしは、
あなたに「複数の収入源を持つこと。
これだけしかいえません。

時代は混沌としてきました。
移民が増える可能性もあるでしょう。
ますます、労働環境が悪くなって
行くかもしれないです。

会社もある日、台湾系の企業に合併という
形の乗っ取りがあるかもしれません。

事実、大手のシャープがそうですからね。
東芝もそうです。
富士通も噂があります。

そんな流れに関係なく、
あなたは、あなた自身を
自分で守らなければいけません。

THE FINAL は、自分一人で行動する
わけですから、税金対策が気になるまで
稼ぎ続けてもいいのです。

事実、仮想通貨とバイナリーオプション
では、上手くすれば、アッと言う間ですね。

次の年の税金は考えておいた方がいいです。

あなたはTHE FINAL で逃げるべきです。
逃げたもん勝ちです。

URLをクリックして登録してください。
不安でしょうから、内容をじっくり
検討してください。

無理にしろとはいいません。

納得されたらしてくだい。


あなたの人生が変わります。

あなたの将来に期待します。

ありがとうございました。

masayuki simomura














posted by siimo at 07:28| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。