2018年11月02日

大内宿(福島県)

大内宿1.jpg

大内宿(おおうちじゅく)は、
福島県南会津郡下郷町大字大内にある、
江戸時代における会津西街道
(別称:下野街道)の
「半農半宿」の宿場の呼称。

明治期の鉄道開通に伴って
宿場としての地位を失ったが、
茅葺屋根の民家が街道沿いに
建ち並ぶ同集落の通称、
あるいは観光地名として
現在も受け継がれている。

1981年(昭和56年)に
重要伝統的建造物群保存地区に選定され、
福島県を代表する観光地の
1つとなっている(一部に宿泊施設復活)。

なお、当地の方言である会津弁で
大内は「おおち」
(歴史的仮名遣い:おほち/あふち)と
発音・表記されるため、
標準語・共通語の「おおうち」
との対立がある。

福島県の観光スポットの中でも
1位、2位を争うほどの人気観光スポット
「大内宿」は、福島県南部の人里離れた
山間部に30軒以上の茅葺き屋根の民家が
立ち並ぶ江戸時代から残り続ける宿場町です。

大内宿 雪祭り.jpg
雪祭り・雪灯篭

2月には雪灯籠に照らし出される
幻想的な雪まつりなどのイベントが行われ、
年間を通して100万人以上の観光客が
足を運ぶ人気スポット。

まるでタイムスリップしたかのような
感覚にもなる歴史的な宿場町
「大内宿」の見どころをご紹介します。

茅葺き屋根の民家が特徴的な大内宿

福島県南会津、旧会津西街道の両側に
茅葺屋根の民家が建ち並ぶ一体が大内宿です。
約400年以上前、江戸時代には
運搬路として重要な道であった
会津西街道(日光から会津につながってる)
沿いの宿場町として参勤交代で
江戸へ向かう大名や旅人の宿場町
として栄えました。

中には、あの伊達政宗が小田原参陣、
豊臣秀吉が奥羽仕置きで、
この大内宿を通行した記録があるほど。

大内宿 ねぎそば.jpg

大内宿名物の高遠そば(ねぎそば)

大内宿の全長約1キロの区間には、
お土産屋やお食事処が軒を連ねています。
中でも大内宿の名物と言えば
高遠そば(ねぎそば)です! 

観光客の中にはこの「ねぎそば」を
目当てに来る方も多いほど。

名前の通り豪快に添えられた、ねぎ!
このねぎは箸代わりとして
添えられたもので
ねぎを使ってそばを掬うのは
慣れないと難しいかもしれませんね。

もちろん、箸で食べることもできます。

まだまだ見どころは沢山あります。

宿もあるらしいですから、
雪祭りの夜のライトアップ
見たいですね。

時間的自由と経済力があれば、
旅をして精神的な癒しも取れると
いうものです。

その為には、まずはじめに
経済力を付けなければいけません。

11月6日に佐藤みきひろ氏のWEBセミナー
が開催されます。

8000人の日本一のコミュニティに
なってしまいました。

こんなに多くの人が集まると
誰が思ったでしょう。

皆さん、動機は違えど、考える事は
同じなのですね。

「何とかしなければ。」

この理由がセミナーで明確になると
思います。

一緒にTHE FINAL をしませんか。

URLをクリックして登録してください。
セミナーは無料ですが、
登録制です。
余分なものは買わされません。


じっくり見て、
あなた自身と照らし合わせてください。

何か感じるものがあるはずです。

そうしたら、登録して
セミナーを受けてみてください。

あなたの将来に期待します。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura


























posted by siimo at 12:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。