2018年11月07日

お金を稼げる心理学とは?インターネットビジネスに応用する方法(その1)

心理学4.png

心理学をインターネットビジネスをするのに
取り入れては見ませんか?

インターネットビジネスの分野で
成功する人も増えてきて、
今やインターネットビジネスと言う
言葉を全く知らない人はいないですし、
興味が全くない人と言うのも
少数派でしょう。

しかしそれだけインターネットビジネスを
すると言う人も増えているという事でもあり、
インターネットビジネスで出る利益と言う
一つのパイを取り合う人数の増加によって
一人あたりがたくさんパイを食べる
というのは非常に難しいことに
なってきた世の中です。

SEOへの戦略や対策、
そもそものインターネットビジネスの
方法や手法、ターゲッティングの
方向性や、プログラム。

今や実にインターネットビジネスで
利益を上げるために必要な事として
語られているものも多く、
それらを色々実践していると言う人も
また多いでしょう。

しかしそうした色々な
インターネットビジネスで利益を上げる為に
効果のあるものとして紹介される事の
多いものとは違うものに
今回は注目してみました。

ソレは何かと言いますと、心理学です。

インターネットビジネスは確かに
他のビジネスに比べ実際に人と接する機会は
少なくなり、一見するとひたすら作業を
していると言う気持ちにもなりますが
ビジネスである以上は最終的に自分の出した
成果に誰か別の「人」が
お金を出しているのです。

それってつまり
インターネットビジネスであっても
人対人のやり取りであり心理学と言う学問は
インターネットビジネスにおいても
活かせるものであるという事でも
あるとは思いませんか?

確かに心理学と言うのは
実際問題インターネットビジネスと言わず
社会でお金を稼ぐ為に必要ではない学問で
あると言う風にみられることが多く、
心理学を前面に出してお金を稼いでいると
言う人はほんの一握りの人ではあります。

しかし何も心理学は使い方によっては
充分お金を得るための助けとなってくれる
という学問でもあるのです。

今回はそんな心理学を
インターネットビジネスに使うという事に
ついて考察してみました。

今回紹介することを踏まえて、
あなたのインターネットビジネスに
心理学を取り入れてはいませんか?

SHINJYOUレポートを引用。

追伸
心理学は、今や切っても切れないものに
なっております。

世の中に出回っている商品は、全て心理学
を利用してますし、コンビニの作り方は
心理学から来ていることはあまりにも
有名です。

リアルの社会でもそうですから、
インターネットでは、心理学を
利用していない訳がないです。

こうして、私が書いているコピーも立派に
心理学の基づいて書いてますが、
私はまだまだ、未熟ものですから、
一流のひとにくらべたら、
足元にも及びません。

「人は感情でものを買う」

という大前提があるのです。

ですから、いかに感情に響かせるかが
コピーライターの実力なのです。

コピー専門の先生もいて、塾を開いて
プロのコピーライターになっている人も
います。

コピーは、そのやり方によっては、
人を洗脳したり、悪の道の誘導したり
もできるのです。

モラルがあるから、そうしないだけで、
うっかり騙されてしまう消費者の被害も
後を絶ちません。

それくらい。心理学は利用されていると
いうことです。

Masayuki Simomura
posted by siimo at 20:53| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。