2018年11月10日

奈良井宿(長野県)

奈良井宿1.jpg

奈良井宿(ならいじゅく)は、
中山道34番目の宿場(→中山道六十九次)。

現在の長野県塩尻市奈良井に位置する。

塩尻市(旧楢川村)の
奈良井川上流に位置する、
標高900m台の河岸段丘下位面に
発達した集落である。

木曽路十一宿の江戸側から2番目で、
11宿の中では最も標高が高い。

難所の鳥居峠を控え、
多くの旅人で栄えた宿場町は
「奈良井千軒」といわれた。

江戸寄りから下町、中町、上町に分かれ、
中町と上町の間に鍵の手がある。

水場は、山側に6ヶ所ある。

現在は重要伝統的建造物群保存地区として、
当時の町並みが保存されている。

また、江戸時代から曲げ物、櫛、漆器などの
木工業が盛んで、
旅の土産物として人気があった。

山あいに寺社を擁し、宿場、
レストラン、土産物店など、
観光できる街並みに整備されている。

天保14年(1843年)の
『中山道宿村大概帳』によれば、
奈良井宿の宿内家数は409軒、
うち本陣1軒、脇本陣1軒、
旅籠5軒で宿内人口は2,155人であった。

史跡・みどころ
二百地蔵
奈良井宿 二百地蔵.jpg
明治初期、鉄道の施設に際して、
周辺の石仏が集められたもの。

杉並木
奈良井宿 杉並木.jpg
旧中山道

奈良井宿の碑
奈良井宿 碑.jpg

水場
奈良井宿 水場.jpg

大宝寺:庭園、マリア地蔵がみどころ
奈良井宿 大宝寺庭園 マリア地蔵.jpg

旅館ゑちごや
奈良井宿 旅館ゑちご屋.jpg

上問屋資料館

鍵の手
奈良井宿 鍵の手.jpg

元櫛問屋中村邸
奈良井宿 元櫛問屋中村邸2.jpg
上町にある。
庇の猿頭は奈良井の民家の特徴。

うなぎの寝床
奈良井宿 元櫛問屋中村邸.jpg
中村邸内部
現在は資料館として公開している。

高札場
奈良井宿 高札場と南端の水場.jpg
高札場と南端の水場

鎮神社

楢川歴史民俗資料館
Wikipedia引用。

追伸
旅は自分と向き合う時間。
環境を変えると自分が見えてくる。
自分は何者か。

歳を取ると振り返る時間が必要だ。

ここいらで、修正すること。

気分は学生時代。
ただし、体力の落ちた、メタボな学生だ。

なにをやっても自由な気分。

経済的にも何を買っても気分は最高。

世間の社会人は、移民政策で、
給料が上がるどころか下がるようだ。
国民の多くは、知らないけれど、
経済学的には、そうなるらしい、
企業はそこを狙っている。

自由人の私には、関係ない。
お金が勝手にお金を呼んでくる。
THE FINALのおかげだ。

入会金の10万が払えず、諦めかけた時
天の助け。妻が貸してくれた。
インターネットビジネスが大嫌いな妻が
貸してくれた。
理由を聞くと、必死に金策をしている
姿を見て、真剣なんだと感じたそうだ。
本気になると、神様が助けてくれるものだ。

おかげで、今はその何十倍もの
お金が振り込まれる。

THE FINALの話を聞いた時の
ドキドキ感は、正解だった。

もしよかったら、
あなたも始めて見たらどうですか。

あと何年も募集はしてませんから、
乗り遅れないように。

URLをクリックして登録してください。
https://bit.ly/2zSYuK2

チョイスしなかったあなたに
幸運が訪れることを祈ります。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura




























posted by siimo at 19:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。