2018年11月20日

お金は持っているだけでは意味がない!本当のお金持ちの定義とは?

お金持ちの定義.jpg

僕はお金持ちなんだよ、
何故なら使っても使っても
財布の中には常に500円はある

今の時代で500円と言ったら、
「500円で何が買えるの?」
といった感じになるでしょう。
しかし、この言葉を発した人は、
昭和30年くらいの話です。

当時の大卒初任給は、
大体12000〜13000円程度なので、
その頃で500円だったら、
今なら数万円にはなります。

そう、この言葉を言った人は、
もの凄くお金なんてなくてもいい、
いざという時に困らないだけの
お金は常に持っていられる、

そのことに感謝しようという
気持ちで言ったのです。

逆に、毎月100万円入ってくる
状態でいても、そのお金が入って
きてすぐになくなるようでは
決して「お金がある」とは言えません。

もちろん、それは、
決して無駄遣いをして
いないということが
前提での話です。

例えば、ローンやら、
借金の返済やらで、
すぐになくなってしまっては
使えるお金がないということなので、
収入にかかわらず、「お金がない」
ということになります。
(続く)
WORLDSHITのブログより引用。

追伸
本当のお金もちは、お金を使います。

自分の為に使うなら、自己投資。

社会の為に使うなら、投資、寄付
など、社会にお金を還元します。

お金は、社会で回さないと、
ただの紙切れです。

あの世までお金は持っていけません。

ですから、本物のお金持ちは、
社会に還元することを考えています。

貯金したり、ギャンブルに走ったり
女または男に使ったりするようでは
本物ではないようです。

ですから、お金を稼ぐことは
いいことなのです。

あなたの夢にもお金が要ります。

社会に還元できるわけですから、
お金に困っている人の支援の
財源になるわけです。

それよりも家族に使って上げて
ください。

お子さんに十分な教育を受けさせて
やってください。

大学に行くことが全てではありません。

子供には、無限の可能性があります。

それを親の都合で、潰すことは
もったいないだけでは済まないと
私は、思います。

そのためにも、今より少し
収入をあげる努力をしませんか。

大丈夫です。
一朝一夕には、稼げません。

税金の心配は稼いでから。

お子さんのためにも
URLをクリックして登録してください。


あなたの本気さに期待します。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura


















posted by siimo at 20:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。