2018年11月23日

お金は持っているだけでは意味がない!本当のお金持ちの定義とは?(その4)

ボロを着てても心は錦.jpg

ボロは着てても心は錦

どんなに豪邸に住んでいても、
その豪邸は無理をして買ったもので、
豪華な家以外では、家のローンの返済に
追われて普段ろくな物を
食べていないようでは、
「お金がない」というのと同じです。

会社でも同じことが言えます。

高い年商を誇っていても、経費やら、
従業員への給与の支払いやら、
借金の返済やらで、純利益が少ない、
或いはマイナスとなって赤字なようでは、
その会社はお金があるといえるでしょうか? 

それなら、こじんまりとしていながらも、
無駄な経費がかかっていなく、
従業員に満足な給与を支払い出来ながらも、
会社自体が潤っている方がよっぽどいいです。

「ボロは着てても心は錦」という
言葉もあるように、
お金自体は十分ではないものの、
ささやかな暮らしで幸せを感じていれば、
お金がないことも悪いこと
ばかりではありません。

「お金持ち」、「お金がない」は、
数値的なものだけでは判断出来ず、
やはりその内容から決まるものでしょう。
(続く)
WORLDSHITのブログの一部を引用。

追伸
ある意味そうだと思います。

お金がなくても、
食べていけて、ストレスがなく
家族が元気で、自分も健康で
つつがなく暮れせていければ、
幸せかもしれません。

そんな、サザエさんのような家族が
今の日本にどれくらいあるのでしょう。

年金で暮らしているお年寄り、
本当に暮らせて行けますか。

サラリーマンのあなた。
身体は健康体ですか。

健康は、肉体面と精神面の両方をいうのです。

家族は、仲がいいですか。

子供は聞き分けがいいですか。

お金があれば、解決できるでしょうか。
答えは「NO」です。

お金で、健康は買えます。
ある程度までは。

でも人は必ず死にます。

お金があれば、今の仕事を辞めることが
できます。

家族旅行に連れていくことができます。

一瞬のお金では、すぐに無くなり、
余計に辛くなります。

毎月、少しづつでもいいから
ずーっと入り続ける収入なら
どうでしょう。

最初は、月1回の外食かもしれません。

それが、年1回の国内旅行、
やがて、年1回の海外旅行、
子供の休みの時の海外旅行
に変わっていくのです。

毎月、入ってくる収入の強みです。

副業で、私はTHE FINALを勧めます。

それに近い収入だからです。

いろんな、収入の仕方があるので、
複数重ねれば、数倍の収入になります。

でも、無理な人も中にはいるでしょう。

その為に30日間のクーリングオフ
付いてます。

安心ですよね。

これで、もしかしたら・・
のチャレンジができますから。

URLをクリックして登録してください。


このURLの向こう側にあなたの
未来があります。

是非、チャレンジしてください。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura













posted by siimo at 18:47| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。