2018年11月25日

今の日本はどんな会社でも倒産がありえる「スマートフォンで倒産させられる企業の存在」(その1)

倒産3.jpg

倒産と聞くと何が原因だと思いますか?

企業の倒産、とても聞きたくない言葉ですね。

しかし日本の経済状態の悪さと時代の流れ、
グローバルスタンダードな社会への
移り変わりの中で実際に日本の企業は
倒産する危機を抱えているところが
沢山あります。

一般的に倒産する会社と言うと
経営不振を隠していたり、
社長に実力がなかったせいだったり、
借金まみれの「明らかにヤバい企業」
ばかりなのだろうと思われるかも
しれませんが、そうとは限りません。

本当に順調にしか思えない成長を遂げていた
としても突如倒産する企業や、
絶対の安定を誇ってきた歴史ある企業も
倒産していると言うのが今の世の中。

一体なんで今の時代は企業が倒産する
という事態を起こすのか?

どういう企業が倒産する傾向にあるのか?

多くの人が企業に所属し給料を貰う
サラリーマンである日本の社会において、
こうした企業の倒産についてと言う
言葉を聞いたら興味を全く持たない人は
少数派でしょう。

そこで今回は、
こんな形で倒産していると言う話を中心に、
今の日本の社会でサラリーマンと
指定来るために知っておいて
欲しいことをご紹介させていただきます。
(続く)
SHINJYOUレポートを一部引用。

追伸
不確実な時代。

価値観の変革期です。

大企業でも合併とかしてますが、
あれは、実質上の倒産。

あなたの会社は大丈夫?

老舗、新興関係なく潰れます。

グローバル化の波は、外国企業の
来襲で、あなたの会社も吸収されて
社長が、外国人で、社内の会話は
全て英語、ついてこれない人は
即、リストラ。

数年前から続いてますね。

あなた自身を守るのはあなたしか
いないのです。

あなたの家族を守るのはあなた
なのです。

自覚していますか。

今まで通りが通じなくなり、当たり前が
当たり前ではなくなっています。

反転攻勢しましょう。

当たり前じゃなくなったのなら、
副業したっていいではないですか。

私は、THE FINALをお勧めします。

理由は、30日間のクーリングオフ
ついているからです。

内容は、ともかくクーリングオフは
あなたを守りますし、私も守ってくれます。

クーリングオフがついていることの意味を
考えてみてください。

あなたが、
本気で家族を守る気があるのなら
URLをクリックして登録してください。

時代は物凄いスピードで
変わっていきます。

それに乗り遅れない様に。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura











posted by siimo at 21:05| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。