2018年11月28日

今の日本はどんな会社でも倒産がありえる「スマートフォンで産させられる企業の存在」(その4)

シアーズ倒産.jpg


スマートフォンで倒産させられる企業の存在

最後に倒産する可能性のある企業として
上げられるのがこのスマートフォンに
よって倒産させられる企業です。

何を馬鹿な事を言っているのだと言う人も
いるとは思いますが、
スマートフォンが登場して以来
スマートフォンに関連したものが
上げている利益と言うのは伸び続けており、
その利益を享受している人は
増え続けていると言うことは
誰もが知っている事です。

世界の全体での富の量は
スマートフォン登場前と比べて
変化していないのですし、

お金を持つ人へ富が収束していく
速度が速くなった現代社会の中で
そんなスマートフォンが利益をあげるなら、

利益を取られる企業と言うのも
当然存在していると言うのが
当たり前の話しです。

何事においても便利なものと言うのは
人に時間を与えると同時にその半面で
労働する場面を奪います。

労働による対価で生活していくと
言うのにそれを出来なくされてしまうと
当然生活できない人は増えていき、

スマホですべての消費欲求
満たされてしまうが故に
それまで欲求を満たすために
存在していた企業と言うのが倒産して
いくと言う事態が起きています。

必要でないものを作ったところで、
必要のない労働をしていたところで
利益を上げることが出来るはずもなく、

こうした形で新しい便利なもの
登場で倒産した企業と言うのは
歴史を見たらいくらでもあり、
スマートフォンと言うものの登場により、
これまで各企業がそれぞれ独占していた
分野を削り取られ、

生き残り合戦を開始した結果、
力がなかったところや、
進む道を間違えた企業は
倒産していると言うわけです。

勿論の事ですがスマートフォンに
関連したことをしている企業で
あるなら倒産しないか?

と言うとそんな事はありません。

スマートフォン市場こそが
今最も激戦区とか鉄火場と
言われる場所であるため
そこに参入しているという事は
熾烈な競争に参加するという事であり、
余程初期のころから参加していて
戦うすべを心得ているとか、

巨大な資本と言う武器を持っている
とかでないと参入した時点で
使うことになる資本であっさり
倒産することにもなりかねません。

その為スマートフォンが
登場してからこれまで企業が
とってきた生き残り戦略が効果を
出してきたのかどうか?

倒産の危険性が高いか低いかは
この点がもっとも分かりやすい
ポイントとなります。
(続く)
SHINJYOUレポートより一部を引用。
追伸
CDが出た時、レコード業界は、
あっという間にCDに代わりました。

それまで、レコードに関する業者は
業務の転換か倒産しかなかったのです。

しかし、スマホの登場で、音楽配信が
出来るようになり、CDが売れ
なくなって、音楽業界も勢力図が
変わっていったと思います。

しかし、スマホの次が出てきます。

その時、新しい機器で倒産する会社も
出てくるのですね。

そのスピードがますます速くなって、
旧態依然とした古い体質の会社は
どんどん潰れていくということですね。

情報をしっかり見極めて、
次のトレンドに合わせて製品を
開発し、時代をつくるように
ならなければ、明日は我が身に
なってしまうんですね。

あなたは、どんな業種で働いてみえるか
わかりませんが、全業種が当て
はまります。

あなたが安全という保障は何処にも
ないのです。

ですから、自分の身は自分で守る。

複数の収入の流れを作るべきです。

転ばぬ先の杖と昔の人は言いました。

準備を速くしたもの勝ちです。

複数の収入の流れとは副業です。

私は、THE FINALをお勧めします。

何故か、この業界で、
30日間のクーリングオフが付いている
のは、THE FINALだけです。

ですから、安心して私もあなたに
勧めることが出来るのです。

まずは体験をしてみてください。

それで、あなたが判断をされたら
いいと思います。

URLをクリックして登録してください。


あなたの幸運をお祈りします。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura


















posted by siimo at 19:53| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。