2018年11月29日

今の日本はどんな会社でも倒産がありえる「スマートフォンで倒産させられる企業の存在」(最終話)

前兆.gif

あなたの企業は倒産と言う言葉から
遠い会社でありますか?

今回の記事は倒産する企業という事を
テーマに書いて参りました。

々な職業、色々な就業形態が
存在する時代となりましたが、
それでもやはり正社員の
サラリーマンこそが
いまだ王道と言っていい
お金を稼ぐ方法である以上、
企業の倒産と言うものはできれば
あって欲しくないもの。

自分の努力や頑張りだけでは
どうにもならない災害と言っても
過言ではない企業の倒産ですが、
災害と同じだと言うのであれば、
前兆を見つけて去ることできるとも言えます。

今はまだ大丈夫であると言う状態からして
今後のための準備をしつつ
倒産と言う災害が起きなさそうな
企業を探す自分ひとりで
生きていくための力を
つけることをしないと倒産と言う
災害と共に自分の人生の道も瓦礫に
埋もれることになります。

企業が倒産する要因とは逆の要素、
「情報に強い」
「速さがある」
「スマートフォンの力を利用できている」
という事は個人がこれから
社会で生きるためにも必要である事
である事を覚えておくと良いでしょう。
(終わり)
SHINJYOUレポートより一部を引用。

追伸
本文の中にある、あなたの
会社は、大丈夫ですか?

もし危なそうなら、アンテナを張って、
会社内の雰囲気を探るといいでしょう。

そして、準備を早めにしておくことでしょう。

準備とは、自分ひとりでも生きていく力を
身に付けることですね。

複数の収入の流れを持つことも
その一つだと思います。

複数の収入の流れとは副業です。

副業の数はあります。

どれが、最善なのかは、あなたの判断です。

私は、THE FINALをお勧めいたします。

なぜなら、元手が安価(約10万円)で
青天井の可能性もあります。

可能性の話で、皆さんなれるわけでも
ないです。

30日間のクーリングオフが付いています。

私は、これが一番だと思います。

私も安心してあなたに勧められますし、
あなたも安心して試せるということです。

合う合わないは個人差です。

まずは、
URLをクリックして登録してください。


あなたの人生が大きく変わると思います。

あなたとあなたのご家族に幸運を。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura


















posted by siimo at 18:07| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。