2018年12月05日

時間が守れないとお金も無くなって行く不思議。(その4)

家事をやらない.jpg

やりたい事、やらなければいけない事、
どこまで見てみぬふりできますか?

昨日の例のように、爆発してしまっては、
元も子もありません。

片目をつぶって、両目をつぶって、
どこまで散らかった様子を
見てみぬふりが出来るでしょうか。

散らかった部屋をそのまま放置していると、
それが普通になり、
散らかす事に罪悪感もなくなり、
どんどんものが増えていっても
気になりません。

ものが増えてしまうと、
週に1、2日の休みの日も掃除で
潰れてしまう事もしばしば。

もっと他の事がやりたかったのに、
とならないためには、やはり使ったその都度、
掃除するのが結果時短になるのです。

もしくは、食器洗い機、
全自動ロボット掃除機、
コードレス掃除機、
乾燥機付き洗濯機、
フードプロセッサーなどの便利な
電化製品を使用すれば時短になるでしょう。

そして、ネットスーパー、デリバリー。

家事代行も利用するのも良いでしょう
しかし、全ての時短を利用し過ぎると
お金はどんどん無くなって行きます。

電化製品が増えれば、
月々の光熱費も上がります。

例えば、ネットスーパーの送料無料のために
金額合わせにものを購入する事をやめたり、
デリバリー、特にピザは店舗まで受け取りに
行って、一枚無料でゲットしたりなど、
収入に応じて、取捨選択をしましょう。
(続く)
ERUMORUMOレポートを引用。

追伸
人間「何々しなければならない」
事は、一つもありません。

それは、大原則です。

しかし、性格がキチンとしなければ
気が済まない。

几帳面であるとかの理由です。

せねばならないはないのです。

開き直って、家事しませーんでも
構わないのです。

ただ、家族に迷惑をかけるからとか、
夫が手伝ってくれるからとか、
子供の保育園の洋服が淀れているから
洗濯しなければ、毎日の夫の弁当を
作らなければとか。

やはり、
「ねば」の世界の囚われているんです。

心配しないで。

だれでも、事の大小はあれ、囚われて
いるんです。

あなたに提案があります。

12月11日佐藤みきひろ氏のWEBセミナー
が開催されます。

一度、受けてみませんか。

参加は無料です。

登録は必要です。

あなたの価値観を変える出来事がおこる
かもしれません。

心に思っているだけでは
何も変わりません。

変わりたく無い人も中にはいます。

でもそれでいいんでしょうか。

自分という人間の成長を止めて
いいんでしょうか。

私は、人間死ぬまで、自己成長する
べきと考えます。

自己成長すれば、家事など
なんとも思わなくなります

そんなもんです。

まずは、
URLをクリックして登録してください。

あなたの人生の扉を一つ開けるだけです。

あなたの幸運に期待します。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura









posted by siimo at 07:12| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。