2018年12月05日

映画「キングコング」の舞台。

エンパイアステートビル.jpg

NYC エンパイヤーステートビルディング

エンパイアー・ステートビルは
1930年に工事が始まり、
なんと翌年にオープン。

名前の由来はニューヨーク州のニックネーム、
エンパイアー・ステートから来ています。

高さはアンテナ部分までいれると約440m。

アールデコ調の歴史を感じる建物が、
哀愁を感じさせます。

有名なランドマークのため
観光用のように思われがちですが
実はオフィスビルなんです。

建物全体で103階のうち76階までは
現在も事務所として、
たくさんの企業に貸し出されています。

エレベーターの数は73基。

また、オープン当初から数々の
映画が撮影され、250以上の映画の
舞台にもなっています。

映画「キングコング」の中で、
エンパイヤステートビルに
昇るシーンは有名ですね。

キングコング.jpg

最後は、悲しい結末になるのですが、
人間のエゴの犠牲になったとも言えますね。

Siimo

A子の伝言を忘れてました。

彼女は、一体どこにいるのでしょう。

まだ、オーストラリアかもしれません。

本当に自由を楽しんでいます。

経済的余裕が、精神的余裕を
産んでしまったのです。

精神的に抑圧されていたのでしょうね。

自由はいいよ。
は、彼女の口癖ですから。

でも本当に自由はいいですね。

その自由のなり方は、
ここをクリックしてください。


あーー自由っていいよなぁ

おいでよ。
待っているよ。

バイバイキーン
























posted by siimo at 15:23| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。