2018年12月09日

「人口減少社会」とは?(その1)

人口減少社会.gif

人口が減少する社会とは?

2015年の国勢調査の結果、
全国の1719市町村のうち、
8割以上で人口が減少したことが
わかりました。

いよいよ日本は、
本格的な「人口減少社会」に入った
ということが、数字の上でもわかります。

人口減少の原因は何か、
人口が減ることでどのように
変わるのか、考えてみましょう。
(続く)
MARIAレポートより引用。
追伸
かつて、人口が減少した国で
経済が復活した国はありません。

これから日本は、ゆっくりか
急角度かは、分かりませんが
経済的に成熟して、やがて
衰退していくことだけは、
間違いないようです。

少ない若者で多くの老人を支える
わけですから、当然、老人の一人頭の
年金額が少なくなることは、
自明の理です。

ですから、老人は、貯め込みます。

自分の行く末を考えたら、分からない
でもありませんが、
ますます、社会にお金が回らなくなり
不景気が続きます。

不景気が続くと、給料が下がり、
年金がさがり、益々貯めこみ、
お金が回らなくなり、不景気が
つづき、給料がさがり、と
負のスパイラルが起こります。

その頃は、老人からも巻き上げるために
消費税は、20%は軽く越えているでしょう。

解決する方法は、手っ取り早く、若者が
結婚をして、子作りにはげんで、
ベビーブームが起きて、20年後に
就職難になるほどのことを望むしか
無いのでしょうか。

移民で人口を増やしていくという
方法がありますが、ヨーロッパや
アメリカでうまくいっているようには
思えません。

最後は、AIロボットに支配されて、
日本人は、消滅するのでしょうか。

その頃は、あなたも私も生きていません。

頭のいい人がいい方法を
考えてくれるでしょう。

この私の拙い文章で、一つポイントが
あったのに気づかれませんでしたか。

そうです。

お金を貯めこむということです。

これが、一番怖い。

だから、デフレを必死で抜けだそうと
今の政府は、やっていますが、
肝心の給料が上がらないため、
国民は、値上がりに苦労しています。

そろそろ、給料の番なのですが、
どうでしょう。

頭のいい方は、複数の収入の流れ
作ればいいと考えます。

自分の収入を増やすのです。

節約ではなく、パイを広げるのです。

その為の複数の収入の流れです。

その方法として、THE FINAL
お勧めします。

12月11日に主催者の佐藤みきひろ氏の
WEBセミナーが開催されます。

いいタイミングです。

複数の収入の流れ
いやでも必要であることが分かると
思います。

URLをクリックして登録してください。

時代の流れに逆らわない方が
いいと思います。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura











posted by siimo at 07:03| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。