2018年12月13日

知っておきたいデビットカードのメリットとデメリット(その1)

ディビットカードとクレジットカード.jpg

デビットカードって何?

デビットカードはアメリカなどの欧米では
ごく一般的に利用されているカード。

クレジットカードとの違いは
その場で登録した口座から利用金額が
決済されるという点。

クレジットカードの毎月の請求書を
見るのが憂鬱な人や、現金主義に
こだわる方に大変人気があります。

デビットカードは大手の金融機関、
ゆうちょ銀行をはじめオンラインバンクの
住信SBIネット銀行やソニー銀行、
楽天銀行などでも発行をしています。

それぞれのデビットカードによって
機能性は異なりますが、
海外での使用ができる為、
留学中の学生さんなどにも
大変便利に利用されています。

またカードの発行は
クレジットカードのような厳しい審査が
ないため誰でも作れる点も魅力ですよね。

登録した銀行口座の残高までしか
利用ができませんので、
クレジットカードのように
使いすぎるという不安もありません。

クレジットカードでは、
キャッシング機能などもついているため
18歳以上でないと作れない事や、
収入の審査なども大変厳しいことは
有名ですよね。

審査に通らないとカードが作れない為、
その点デビットカードは幅広く
利用できる点も嬉しいですね。

なかでも人気のあるデビットカードが
ジャパンネット銀行が発行しているもの。

ヤフオクとの連携や年会費無料など、
全く使わない場合も損することが
ありませんので、
一枚持っておきたいという方には
ぜひオススメです。

また三菱東京UFJ銀行の
デビットカードは年間10万円以上利用で
翌年の年会費が無料になる
特典もありますので、
現金主義の方でカードを
使いたいという人は
絶対に使いたい一つですね。
(続く)
MARIAレポートより引用。
追伸
私も持ってますが、クレジットのように
お金が無くても使えるカードではないため
ローン地獄を味わうことはありません。

また、VIZA付きのカードがあるため
VIZAの信用で使えるお店が多いなど
何かと便利なことが多いです。

キャッシュカードのようなもので、
現金一括払いのみのクレジットカード
のようなものです。

ただ、手数料がかかるため、現金に
くらべるとその分が割高になります。

私は、主にAmazonで本を買ってますが、
一発決済で、すぐにkindleにダウンロード
できて、すぐに読むことができるので、
便利ですね。

あちらこちらでクレジットカードを作って
ローン地獄に陥っている人を
沢山見てきました。

そういうブラックに載ってしまうと、
カードは、作れないですが、
デビットカードは、キャッシュカードの
ようなものですから、すぐに作れます。

お金の管理には便利ですね。

あなたは、クレジットカードを
使い過ぎてませんか。

いくらブラックカードを持っていても
事故を起こせば、一発退場ですから、
毎月の支払には、十分に気を付けてください。

複数の収入の流れを作る時に
副業の振込先をディビットカードに
しています。

財布を分けて使ってます。

その方が、お金の管理には便利ですし、
浪費の危険性が少なくて済むと思っています。

あなたも副業をされるときは、
お財布を分けたほうがいいと思います。

副業ですが、私は、THE FINAL
お勧めします。

私自身が安心して、あなたに勧められるのは、
30日間のクーリングオフが付いているから、
もしあなたが、THE FINALをする場合、
安全にできるのは、
30日間のクーリングオフ
付いているからです。

こんなビジネス聞いたことがないです。

安全、安心なビジネスです。

試すことができます。

会員になると分かりますが、
サービスが充実してますし、
Q&Aが蓄積されていますので、
初心者にはありがたいです。

それでも分からない時は、
質問してもすぐに返事が返ってきます。
(内容にもよるので、ご注意。)

出来るか出来ないかではなく、
やるかやらないかです。

もし、迷っていたなら、
即、行動です。

これが、成功者のパターン。

URLをクリックして登録してください。

やって諦めるよりも
やらないで後悔する方が
ショックは大きいと思います。

あなたの健闘に期待します。

ありがとうございました。

Masayuki Simomura








posted by siimo at 20:58| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。