2018年12月08日

オーストラリア流!真夏のクリスマス

ゴールドコーストのクリスマス.jpg

南半球に位置するオーストラリアは、
12月は真夏の時期になります。

厚いコートを着込み白い息を吐きながら、
雪の積もったツリーを連想させる
北半球のクリスマスと違い、
南半球の真夏のクリスマスは
私たち日本人からはイメージが
湧きにくいかもしれないですね。

オーストラリアは移民の国でもあるので、
「オーストラリアのクリスマス」
とはいっても出身が多国籍な分だけ、
それぞれの過ごし方も多国籍な
ものになります。

今回は、そんななかでも
「オーストラリアならでは」と思う
クリスマスの特徴を取り上げて
みたいと思います。

クリスマスは家族で過ごすもの

日本のクリスマスはどちらかといえば
恋人同士の一大イベントのイメージ
が強いかと思います。

しかし、ほかのキリスト教圏でも
そうであるように、オーストラリアでも
クリスマスは家族で過ごす風潮にあります。

学校が長期休暇に入ったり、
クリスマスの時期に仕事のホリデーを
取る人が多く、どこかへ出かける
というよりは家の中でのんびり過ごしたりする
傾向が強いです。

25日はお休み

日本からオーストラリアに観光で来る際に
注意しなければならないのが、
クリスマス当日の25日は休業している
お店が多いということです。

映画館などの娯楽施設はオープンしている
こともありますが、飲食店をはじめ
多くのお店が閉まっていて、
外食をしたりするのは難しいと
思っておきましょう。

またスーパーマーケットも25日・26日
休業していることが多く、
24日までにある程度の買いだめが
必要になるので注意が必要です。

従業員もみんな休みを取って
家族団らんしているのですね。

26日は「ボクシング・デー」

クリスマス翌日の26日は
「ボクシング・デー」と呼ばれ、
デパートやショッピングセンターなどで
バーゲンセールがおこなわれています。

1年に一度の大売出しの日で、
日本の初売りのようなイメージで
長蛇の列を目にしたりします。

多くの商品が激安になるので、
この日のために貯金をするオージーも
多いんだそうです。

真夏のクリスマス。

日本人からするとやはりキリスト教の
国ですね。

日本のクリスマスがイベントですが、
外国では、お正月のようなものなのですね。

ですから、クリスマスだけを観光に来ても
あまり面白くないかも、やはり年越しイベント
まで滞在が必要ですね。
Siimo

A子は、まだオーストラリアにいるかも。

NYは、寒いからね。

ゴールドコーストで
のんびりしているのかな。

オージーの彼氏見つけたりして。

お知らせ
12月11日に主催者の佐藤みきひろ氏の
WEBセミナーが開催されます。

自由人になりたい人は、
是非、視聴するべき。

URLをクリックして登録してください。

自由はいいですよ。

自由になってもいいんですよ。

バイバイキーン














posted by siimo at 12:49| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

出来るの反対は?

人生は何事も
やってしまった者勝ちです。

例えそれが失敗に終わろうともです。

そもそも失敗って何?

それって自分の
期待した通りに成らないからでしょう。

それとも周りの基準値に
達しないからですか。

例えば、アフィリエイトで、
まったく稼げないから失敗でしょうか?


ある教材を買った、やってみた。


ダメだった!だから失敗ですか?


何故ダメだったんでしょうか?


あなたの努力や継続力が
足りなかったのか?


それとも十分頑張ったけど、
ほんとにその教材に無理があったのか?


それって考えたら分かりますよね?


そして大切なのは、
そうした結果が出たということです。


この世の中で結果が
出ることで失敗は
ないというのが私の結論です。


だってやったら
絶対に結果は出ますから。


そして、ほんとの失敗とは
やらないことです。


何故なら、やらない、

行動しないのなら結果も出ないからです。

だから失敗を恐れる人達は、

失敗しない為の
最善の行動を取ります。


それは結果を出させないことです。
つまり、やらないことですね。

成功とは私はなんども言っていますが、

「出来ないことが
出来るようになることです。」

そして、成功に至る
すべてのプロセスがまた成功です。

そこに失敗はありません。

非成功者は常に、
出来るか出来ないかで物事を考え続けます。

出来るか、出来ないか?

その判断材料は
過去の自分のリソースです。

でも、残念ながら、成功とは、

「出来ないことを
出来るようにすることです。」

つまり、あなたは現時点で
出来ないんです。

答えは単純で、
今出来ないあなたが、
出来るかどうかを考えてる時点で

答えは出来ないんです。

だから、行動しないんです(笑)。

泳ぎたいという人がいます。

泳げるようになりたい
という人がいます。

でも、彼は泳げません。

何故なら、泳げた経験がないからです。

なのに、彼は飛び込み台の上で、

泳げるだろうか、泳げないだろうか?

泳げたら、飛び込もうと思っています。


変でしょ?

でも、みんなこれを
やっているんです。

出来るか出来ないかで
考えることが

どれだけ滑稽で、
馬鹿らしいことか?


大切なのは、

やりたいのか、やりたくないのか?

それだけです。


masayuki simomura
posted by siimo at 22:53| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

イチローのスランプ脱出法

itiro_1.jpg

結果が出ないとき
どういう自分でいられるか
決してあきらめない姿勢が
何かを生み出すきっかけをつくる

- イチロー -


イチロー選手のように超一流プレーヤーでも
スランプに陥ってしまうことがあるんですね。


尚更、私達のような平凡な人間であれば、
常にうまくいくと考えるほうが
間違いであるとあらためて気づかされます。



「これは、きっとうまくいくだろう」

「これは、成功するはずだ」

と考えてやりはじめたことが、
予想に反してうまくいかないことの方が
多いです。


そして、自分が信じていたものが
すべて間違っていたと考え、
まったく違うものに挑戦する。


それがうまくいかなければ、
また新しいことに挑戦する。


そのあきらめないバイタリティーは
感心しますが、
チョト違うんですよね。


ある目標を達成しようとするとき、
そのための方法はいくつもあり、
ひとによって何を選択するのかに
違いがでます。


よい結果がでないとき、
この選択が間違っていることが
ほとんどであり、
「 結果がでない = 可能性がない 」
ということではないはずなんです。

もし思うように結果がでないのであれば、
これまでのやり方を見直し、
試行錯誤を繰り返していく過程で、
「これは、いけるぞ」
というまでやりきるんです。


それが見つかるまで簡単にはあきらめない。

その気持ちと継続的な行動が
「何かを生み出すきっかけ」
につながるのだとおもいます。


一生懸命努力をして結果がでないと、
気持ちも落ち込んでしまいます。
(わたしもよく落ち込んでいます)

でも、あきらめなければ、
きっと目標にたどりつくことが
できると信じ、一歩一歩、
行動していきましょう。

masayuki simomura




ラベル:スランプ脱出
posted by siimo at 21:10| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする