2018年03月11日

【流星群】

流星群.jpg


1990年夏

小川健司16歳

田中亜紀16歳

同級生である。

二人とも天体クラブに所属している。

田舎の高校なのに天体望遠鏡のある高校である。

部員は、二人しかいない。

二人は、隣同士で、子供のころから良く遊んでいた。

高校は、二人の住んでいる村からバスで40分かかる隣町にある。

町といっても、さびれて地方に良くある風景である。

環境だけは良く、二人は兄妹のように大きくなっていった。


思春期を迎えて、健司は亜紀を意識するようになった。

「亜紀は、足は細いし、背はまあまああるし、胸でかいなぁ」

そんな事を考えながら、マスターベーションをしていた。

その日は、夏の流星群の最高に良く見える夜だったので、二人で相談して、

泊込みで観察しようと言う事になった。

0時ぐらいから見え始め、午前3時くらいが最高潮に達する。

それを写真に納めるのが目的であった。


3時になり天体望遠鏡を北の空に合わせて、覗くとこちらに向かって、次々と飛来してくるのが見える。まるでシャワーのように。

健司は、夢中でシャッターをきった。

「亜紀、ほら凄いよ。亜紀」

亜紀の名を呼んでも、返事がなかった。

亜紀は眠っていた。

健司は、亜紀を起こしにいった。

起こしに行ったが、亜紀のかわいい寝顔を見たら、股間がむくむくと膨れ上がった。

健司もまだ若かった。

理性と欲望のバランスなんて、すでに頭に無かった。

「亜紀 亜紀」

名前を呼んで、眠っているのを確認した。

恐る恐る、亜紀の胸に手を置いた。

柔らかかった。健司は、すっかり頭に血が上っていた。

鼻血が、出てきた。そんなことも気付かず、胸を揉んだ。

「うん〜」

亜紀が甘い声を出した。

健司は、気付かれたかと思い、ドキッとした。

亜紀は、眠ったままだった。

今度は、スカートの裾を持って、ちょっとメクッテみた。

純白のパンツだった。

健司は、また鼻血をだした。というか止まらなかった。

両方の鼻にティシュを詰めて、ハアハア息しながら、恐る恐るパンツを下ろした。

最初に、黒い茂みが、見えた。

健司の股間は最高潮に達していた。

亜紀の足を持ってみた。亜紀は眠ったままだ。

亜紀の両足をM字のように曲げた。

初めてみる女性性器だ。その瞬間、健司は爆発した。

流星群のようにパンツの中で飛び散った。

健司は純情だった。

彼女のパンツを上げ、スカートを元の通りに戻した。

健司は、天体望遠鏡の影に隠れて、マスターベーションをした。

精子が流星群のように壁に飛び散った。

その夜は、ペニスが擦り切れるまで、壁にぶちまけた。

夜明けが近い。健司はあわてて、壁を拭いた。

亜紀が目を覚ました。

「あっ寝てしもた。なんで、起こしてくれやんだん」

「起こしたけど、亜紀いびき掻いてたてたやん」

「うっそやー。私いびき掻かへんもん」

亜紀は、気付いてないみたいでホッとした。


2015年夏

健司は、里帰りをした。

亜紀も帰って来ていた。

「高校へ行ってみやへん。」

「そやな。久しぶりに行ってみよか。まだ、部室あるやろか。」


部室に入った。

ムッとした暑さだった。

壁にシミは残っていた。

健司は若かったなと振り返っていた。

すると亜紀は、

「天体観測の日、私、本当は起きてたんやに。」

「健司のしたこと全部知ってるもん。」

「ほんとは、あの時、待ってたんやに。私健司のこと好きやったもん。」

勿体ない事をしたと健司は後悔した。

でも自分としては、純情で若かったんだなとしみじみと思った。

今年も流星群は、やってくる。

(了)

Masayuki simomura 作

posted by siimo at 18:30| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

佐和子の場合

木下佐和子は、高校2年生。

同級生に大崎博がいる。
かれは、成績も優秀だが、反抗期なのか、徹底的に先生の言う事は聞かない。
万引きをして、補導歴もある。職員室で暴れて、無茶苦茶にしたこともある。
停学も何回もあり、学校でも要注意人物に挙げられている。


しかし、不思議なことに成績だけは、トップクラスで、問題用紙を盗んでいるのではないかとの噂も立つくらいだ。
そんな大崎に佐和子は、惹かれている。何故だかわからないけど、ほっておけない。
「大崎君、何か不満でもあるの。」
「ああ不満だらけさ。自分自身の存在も腹が立つ。」
「学校では、センコウが、あれもダメ、これもダメ、静かに授業を受けろ。」
「うざいんだよ。家では、母親が、がみがみ毎日うるせーんだよ。」
「でも一番腹立つのが、こんな環境から抜け出せない俺なんだ。」
話を聞くうちに根っからのワルではない事に気づいた。
むしろ、純なのだ。純情すぎて、世の中のリズムに合わないのだ。
彼は、病んでいる。佐和子は思った。


タバコを吸っているのが見つかって、博は停学になっている。
佐和子は毎日、博の為にノートを彼の家に届けた。
いつも彼は、いなかった。友達にA大学の先輩がいる。
そこで、二人で遊んでいる。
隣の街でライブをしているらしい。と母親に教えてもらった。
佐和子は、隣の街に行った。佐和子たちが住んでいる町よりはるかに大きい。
すぐに、分かった。駅前の広場で音楽が聞こえる。
そっと近づくと、大勢の人だかりが出来ていた。
輪の中心に博ともう一人いた。
「彼が友達か。」佐和子は、思った。
博は、歌が上手だった。曲も彼女の心を捉えた。彼のこころの叫びだった。


停学がとけて1日目、博は2時限目からいなくなっていた。
居場所は、大体見当ついている。
以前彼に教えてもらった。体育館の裏か、屋上の高架タンク置き場の中のどちらかだ。
佐和子は、屋上に行って見た。最上階の階段室の上に高架タンクが置いてある。
佐和子は、一旦屋上に出て、階段室の建物の周りを廻った。点検用の梯子があった。
おそるおそる上った。覗いたら、博がタバコを吸いながら本を読んでいた。
中は、周囲高さ2mくらいの塀になっていて、人が立っても見えない絶好の隠れ場だ。
内側にも梯子がついていた。佐和子はゆっくりと下りた。
「何しに来た。」博は眩しそうに佐和子を見上げた。
「何しにじゃないわよ。こんなとこでさぼって。」
「さぼってなにが悪い。俺は俺のやりたいようにやるだけさ。」
「博、好き。」佐和子も自分でも何言ってるんだろうと思った。
いきなり博が、佐和子に覆いかぶさった。佐和子の処女は学校の屋上で喪った。
それから3回セックスをした。彼のセックスは自分の感情をぶつけるかのようだった。
佐和子もだんだん気持ちよくなっていった。

それから、毎日二人はここでセックスをするようになった。
「俺この町出ようと思うんだ。佐和子も来るか。」
佐和子は頷いた。
「じゃ11時、佐和子の家の近くのコンビニで。」


「高校生のセックス」の画像検索結果

「そのバイクどうしたの?」

「盗んだんだよ。」
「えっ窃盗じゃん。」
「へへぇ。さっ後ろに乗りなよ。」
彼は、バイクを走らせた。猛スピードで飛ばした。
「怖いー」
「しっかり捕まれよ。」
彼の背中にしがみ付いた。広く感じた。恐怖感が消えた。
空を飛んでいる感覚になった。このままどこまでも行きたい。と思った。
山道に入った。カーブが右へ左へ連続した。
「危ないよー。」
「大丈夫だよ。心配すんな。」
次の瞬間ヘッドライトが目のまえに迫った。
ブレーキの激しい音がした。


Masayuki Simomura 作

posted by siimo at 20:07| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

理想の人生を生きてみませんか。

人生には、二通りしかありません。

理想の人生.jpg

一つは、諦めて、常識人になって、
決められた枠の中で、
毎日同じパターンを繰り返すか。


理想の人生を描き、
それが叶うまで諦めず、
毎日少しづつ改善し、
自分を変えていくかです。


どちらも選択できます。



一生に一度しかない人生、
ただ毎日変化なく、
だらだらと与えられたことを
こなすだけの人生と

どちらがいいですか?



求めよさらば与えられん
という言葉があるように
私たちは、望んだとおりにしか
ならないのです。


諦めるのか?

それで解決するのか?

何か良くなるのか?


考えて見てください。

ただ生きていくだけで
精一杯の人生で終わってしまいます。


理想の人生を描いて、
諦めないで毎日努力している限り、
日々成長していますし、
いずれ、理想の人生が手に入る
チャンスがやってきます。

その時、行動できるかは、
あなたの本気度で決まります。


希望に満ちあふれた人生を
生きること。


あの時、チャレンジしていたら、
どうなっていたんだろうと思うより、
やりきったという人生のほうが
後悔はないですよね。


今、死んでも本望な人いますか?

そう言える人は、毎日を充実して
生きているのですね。


限りある命です。

この世にいられるあいだに
すべての事が、
成し遂げられるはずがありません。


夢を持っている人は、
ダラダラ過ごす時間なんて少ないです。


時間は有限なのですね。


「今」、は既に過去になりました。

posted by siimo at 21:10| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする