2016年06月28日

「そば」と「うどん」ダイエット中に食べるなら?




Siimoです。

特に東京で、というただし書きがついてしまうが、
駅の立ち食い蕎麦やフードコート、
食堂などの、本格的ではない「お蕎麦屋さん」に行って、
食券をカウンターに置いたり、
「セット」を注文したりしたときに聞かれるのが
「蕎麦ですか?うどんですか?」の決まり文句だ。

だいたいは、その人の好き好きで、
あるいはその日の気分で「蕎麦」なり「うどん」なりを
決断していると思う。

では、栄養学的には蕎麦とうどん、
どちらを選ぶのがベストなのだろうか。


■実はうどんのほうが低カロリー

なんとなく蕎麦がヘルシーそうなイメージがあるが、
カロリーから判断すると、

そば:100g あたり114kcal /1人前 1束茹であがり時260gとして、296kcal

うどん:105kcal 100g/1玉230gとして、 242kcal

と、実は蕎麦よりもうどんの方が低カロリーだ。


もともとの「粉」の状態では、蕎麦もうどんもそれほどカロリーに違いはない。
けれども、うどんの方が水分の含有量が多いため
、ゆであがりの重量に対して粉の量が少なくなり、
結果的にうどんの方がカロリーが低くなるのだ。

単純に低カロリーを求めるならばうどんの方に分がある、
ということになる。


■栄養素なら蕎麦

けれども、他の栄養素は蕎麦に軍配が上がる。

蕎麦には、ポリフェノールの一種であるルチンや必須アミノ酸のリジン、
ビタミンB1やB2などが含まれている。

夏場に食べる冷たい蕎麦は絶品だが、
そばはアミノ酸スコアが高いことでも知られている。

夏バテの疲労回復には、蕎麦がとても効果的であるといえよう。

蕎麦といえば江戸の名物だが、
江戸の街に広まった原因のひとつに、
蕎麦に含まれるビタミンB1が一役買っているとの説もある。

当時の江戸では、ビタミンB1不足からくる
「脚気」が「江戸わずらい」として流行していた。

蕎麦を食べることでビタミンB1が補給され、
脚気流行の収束に役立ったのではないかともいわれている。


■うどんと蕎麦、消化が良いのは? 

このように栄養価の点では、蕎麦はいいことずくめ。

ただ、蕎麦はうどんよりも食物繊維が多く、
胃の中にいる時間が長いため、太りにくいと言われるが、
その分消化は悪い。

風邪などで弱っているときや、
運動前に一気にエネルギーチャージしたいときには、
消化に良い「うどん」がオススメだ。

基本的にはそのときどちらを食べたいかが
“体が欲しているもの”だが、カロリーや即効パワーチャージならうどん、
ビタミン類などを気にするなら蕎麦を選ぶと良さそうだ。


以上、最後まで読んでくださり
感謝しております。
「ありがとうございました。」
Siimoでした。






posted by siimo at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

シャンパーニュのタイプ




Siimoです。

シャンパーニュ.jpg

シャンパーニュは、
「シャンパーニュの色」
「ブドウの色」
「グレード」
の3つのタイプによって分けられます。

◎「シャンパーニュの色」
   白とロゼの2種類あります。

◎「ブドウの色」
   以下の2種類あります。

・黒ブドウだけを使ったものを
 「ブラン・ド・ノワール」
 (黒ブドウからできたシャンパーニュ)

・白ブドウだけを使ったものを
 「ブラン・ド・ブラン」
 (白ブドウからできたシャンパーニュ)

と呼びます。

こっくりした味わいで秋冬におススメなのが、
「ブラン・ド・ノワール」。

「ブラン・ド・ブラン」は爽やかな味わいで、
春夏におススメです。

◎「グレード」・・・以下の3種類あります。
・スタンダードタイプ
 年号が入っていないもの。
 ノン・ヴィンテージ又は、
 ノン・ミレジメとも呼ばれます。

・ヴィンテージ・シャンパーニュ
 年号が入ったもの。
 出来の良い同一収穫年のブドウから造られます。
 ミレジメとも呼ばれます。

・プレステージ・シャンパーニュ
 高品質のブドウを使った、
 各シャンパーニュ・メゾン(造り手)
 の最高級のもの。

スタンダードタイプは、シャンパーニュ・メゾンを
知る入門編といったところです。

シャンパーニュ・メゾンの個性が表現された
安定した味わいが楽しめる上、
ほかのグレードに比べて価格がお手頃なので、
シャンパーニュの手はじめはスタンダードタイプが
おすすめです!


以上、最後まで読んでくださり
感謝しております。
「ありがとうございました。」
Siimoでした。




posted by siimo at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

ウソ?本当?信じてはいけない「ワインの都市伝説」




ワイン.jpg

Siimoです。

私は、大のワイン好きなのですが、
味覚については、あまり良くわからないのが現状です。

ワインに関しては都市伝説がおおくあります。

はじめに

巷で噂される都市伝説というのは
一体どこから現れたものなのでしょうか?

定番の話題と言えば口裂け女や
トイレの花子さんのようなちょっぴり怖い
都市伝説ですが、実はこの類の内容は
ワインにも共通するので、
ワインに関する都市伝説をご紹介です。

ビールの後のワインは悪酔いする?

ワインの場合でよく囁かれるのは
「ビールの後にワインを飲んだら酔いが回る」
もしくは「悪酔いしてしまう」というものですが、
実際この都市伝説は真実なのでしょうか?
それとも嘘なのでしょうか?

結論から延べると、この都市伝説は真っ赤な嘘です。

これはビールの後にワインを飲んだ場合を
前提としていますが、先にビールを飲んだとしても
後にビールを飲んだとしても
悪酔いすることに変わりはありません。

もっと具体的に言えば、
ワインを飲もうが日本酒であろうが結果は
同じだということなのです。

悪酔いをしてしまう原因というのは
アルコールの種類や飲んでいく順番によって
変化するものではなく、
総合的な摂取量に関係があります。

特にパーティーなどで気分が盛り上がってしまうと
つい複数のアルコールを楽しんでしまいチャンポンする
ことがありますよね?
この行動こそが悪酔いを引き起こす
原因となっているのです。

赤ワインは常温が一番?

「赤ワインは常温で飲むのが一番美味しい」
という一種の決まりごとのようなものが
定着していますが果たしてこれは
本当でしょうか?

確かに赤ワインは冷やし過ぎず温めすぎない、
一定の温度に保たれた状態で頂くのが
美味しいと言えるワインではあります。

しかし、一般的に広まっている常温というのは
ヨーロッパに古くから存在する石造りの住宅を
前提にされているため、これを日本国内でも
同様に考えるのは少々無理が
ある部分でもあるのです。

特に日本の夏は湿度が高くジメジメした
状態が続きますから、
常温で赤ワインを飲むのはあまり
お勧めできることではありません。

常温といっても、16度前後が適しています。


「肉料理は赤ワイン、魚料理は白ワイン」
これってホント?


当たり前のように語り継がれている
「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」というルールですが、
これは料理に使用されている食材が肉なのか魚なのか
ということはあまり重要ではありません。

それよりも大切なのは肉の種類であり、
鶏肉、豚肉、牛肉、といった具合に
白身と赤身の違いによってワインを
合わせることなのです。

例えば、鶏肉料理であれば、
本来ならば赤ワインを合わせる方が多いでしょうが
白身肉となるため白ワインを合わせるのがベターです。

また肉料理だけではなく、魚料理もそうです。

例えば赤身の魚であれば、赤ワインの方が合いますし、
バランスと組み合わせに応じてワインを
セレクトしていくのがベストと言えます。


おわりに

いかがでしたか?
世間で言われているワインの常識には耳を貸さず、
自分の感覚で味を確かめて、ワインを楽しみましょうね!


以上、最後まで読んでくださり
感謝しております。
「ありがとうございました。」
Siimoでした。



posted by siimo at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。